グッツ

SBDエルボースリーブのサイズ感や使用感は?使用効果は? 付け方も詳しく紹介

SBDのエルボースリーブのサイズ感や使用効果を徹底レビューします!

SBDのエルボースリーブのサイズの選び方や実際の使った際の感想を徹底レビュー


マサシ
マサシ
皆さん、こんにちは。今回の記事はSBDのエルボースリーブのサイズ感や使用効果を実際に使ってみて感じた様々な視点でレビューしてみたいと思います。


まず最初に率直な感想をお伝えしてしまうと、「SBDのエルボースリーブの効果は絶大でウエイトを扱う際の軌道が安定して重量は伸びた」というのが個人的な感想です。

BIG3に力を入れているトレーニーの方はトレーニングギアにこだわる方は多いのではないかと思います。私のトレーニングも主にBIG3を中心としたトレーニングスタイルなので、トレーニングベルトやリストストラップといったトレーニングギアの使用は欠かせません。

そして、トレーニングギアをつけた事によって、怪我を防ぐことも出来ていますし、体感の安定性や関節の安定性も増してトレーニング効果も高くなります。

私の場合は長年のトレーニングの影響によって左肘関節に痛みがある事から、世界中の多くのトレーニーの間で評判の良いSBDのエルボースリーブをいつか試してみたいと思っていました。

この度ようやく、手に入れる機会があったので、SBDのエルボースリーブの実際の使用感や効果、サイズ感、付け方なども紹介していきたいと思います。

実は一口にエルボースリーブといっても市場に出回っているエルボースリーブには色々な種類があります。まずは素材の違いや生地の厚み違い、パワーリフティング公認品等など。

その中でもトップのクオリティーを誇るのがこのSBD Apparel社のエルボースリーブです。以前にこのサイトでもSBD Apparelについて紹介した事がありますが、知らない方の為に少しだけSBDについて紹介してみたいと思います。






SBD Apparelとはどんな会社?


SBD Apparelとは?
最近はジムで非常によく使われている事を目にするSBDのグッツですが、このブランドについて日本ではあまり紹介される事は少ないですね。SBD Apparelとは、イギリスのパワーリフティング用のサポートギアを作っている専門会社です。

この会社はイギリスのヨークシャー州のロザラム市にあります。2013年にベン・バンクスという人物によって設立されました。

彼は一般のスポーツショップで販売されている「関節サポート用のサポーター」はウエイトトレーニングには向いていないと思ったことから、「高重量を扱うパワーリフター向けの耐久性の高い製品」を作る事にしました。

特に膝や肘などに掛かるテンションを受け止める事を重視した商品開発を行って色々なパワーリフターに試してもらいながら試行錯誤してこの製品を作り上げました。

今では世界中のトレーニー、パワーリフター、ストロングマンたちにも愛用されるブランドになりました。多くの有名筋トレユーチューバーも使用している方が多いです。



SBD Apparelの”SBD”とってどんな意味?


SBD Apparelの"SBD"とってどんな意味?
ところで、皆さんはこのブランドの“SBD”がどんな意味なのかご存知でしょうか? 意外と知らずに使っている方は多いのではないでしょうか^^

実はSBDとは非常にシンプルなネーミングから出来ています。SBDの「S」は「Squat」で「B」は「Bench press」、そして「D」は「Deadlift」の頭文字を取ったものです。

私もこの意味を知る前はもっと深い意味があるんだろうな~と思っていたのですが。どうやらこんなにシンプルなネーミングのようです。






SBDエルボースリーブの効果はどんな点?


SBD エルボースリーブの効果はどんな点?

このエルボースリーブから得られる最も大きな効果としては「フリーウエイトでトレーニングした際の軌道の安定感」なのではないかと感じました。

よく言われているように「エルボースリーブを付ける事によって重量が伸びる」という面も勿論ありますが、それよりも、ウエイトを上げ下げする際の軌道が安定するので、「扱っている重量をより正確に扱えるようになる」という点が大きいように思いました。

より正確にウエイトが扱えるという事から、結果として「いつも扱っているウエイトよりも重量がアップする」といったような感じになるのではないかと思っています。そういった意味では、特にプレス系エクササイズには効果は絶大だと思いました。特にベンチプレスやダンベルプレスなどでウエイトをいつも以上に丁寧に扱えるように感じます。

レップ数を重ねてもボトムポジションで丁寧に扱えるようになると思います。またボトムからの切り返しもスムーズに行えるはずです。

また、SBD エルボースリーブを使う事によって扱う重量がアップする方もいらっしゃるはずです。とにかくこれを装着する事によって肘関節を安定して丁寧に動かせるようになると思います。






SBDエルボースリーブのサイズの選び方は?


SBDエルボースリーブのサイズ選び
SBDのエルボースリーブは全部で6サイズ販売されています。日本人の骨格からみても一般的なトレーニーであれば、Sサイズか、Mサイズ辺りが丁度よさそうです。

余程体が大きい方、腕の太いボディビルダーであればLサイズ以上でも良いのかもしれませんが、大抵のトレーニーの方はSかMサイズでフィットしてくれると思います。また、サイズがタイト過ぎるからといって、少し余裕のあるサイジングを選んでしまうと、肘をコンプレッションする効果は薄れてしまうと思いますので、小さすぎず且大きすぎないという感じのサイズが最も適正サイズになると思います。



SBDエルボースリーブの付け方は?


SBDエルボースリーブの付け方は?
まずはこのようにエルボースリーブの両端を折り曲げます。その後に少しづつひっぱりながら上にもっていきます。

SBDエルボースリーブの付け方は
このつける段階ですっと腕に入ってしまうようならサイズが少し大きい可能性があります。基本的にSBDエルボースリーブはサイズがぴったりフィットし圧迫感(コンプレッション感)がある事が重要なポイントです。

SBDエルボースリーブの付け方は?
SBDエルボースリーブの付け方は?

この締め付けるような圧迫感がないと、肘関節をサポートする役割が機能しません。つまり、これを装着するとエルボースリーブがまるで関節のバネのような役割をしますので、サイジングの点でもお話したように簡単にすっと装着出来てしまうようなサイズ感だと、SBDエルボースリーブの効果は薄くなります。

SBDエルボースリーブの付け方は?





SBDエルボースリーブの使用感は?


SBDエルボースリーブの使用感は?

まず、エルボースリーブを利用した際にベンチプレスの最大挙上重量が確実に向上するかというと、人によってはそうとも言い切れません。

トレーニーでも上級者の方の場合は最大挙上重量がアップする事は少ないかもしれません。

しかし、プレス系のエクササイズ(ベンチプレスやダンベルペンチ)を行っている最中に「いつもと同じ回数をこなしていてもより楽に感じる」といったようなフィーリングはあると思います。

その理由としては、エルボースリーブの圧迫によって「肘関節が安定する」ことが大きいと思います。つまり、肘関節から重量が外に逃げないということなのかもしれません。

その点から言うと、「トレーニング初心者の方の場合は重量をしっかりと胸に乗せ続けられる関節の位置をサポートしてくれる」というメリットはあると思います。間隔的にまるでバネのようにボトムで押しかえしてくれるような感じになります。

トレーニング上級者の方の場合、「トレーニングによって長年溜まった疲労や怪我の予防」という点で使用するメリットは十分にあると思います。ですから、SBD エルボースリーブはプレス系エクササイズのパフォーマンスを上げてくれると同時に怪我の予防もしてくれるといった効果が高いように思います。

また、SBDエルボースリーブは耐久性も抜群です。私の場合は既に購入して使ってから半年以上たっていますすが、新品で買った当時と比べても全くと言っていい程ダメージはありません。これは長く使えそうです。



SBDエルボースリーブの良い点


良い点

  • 肘関節の痛みを緩和してくれる。
  • プレス系エクササイズの際に軌道の安定感が得られる。
  • ウエイトを押し上げる際に肘が安定するので力が入りやすくなる。
  • 負荷が逃げなくなる(トレーニングを効率的に行える)。




SBDエルボースリーブのちょっと残念な点


弱点

  • 付ける際にある程度のコツが必要になる。
  • 締め付けが強すぎるとトレーニング中に腕がパンプして前腕が痛くなる。
  • トレーニング終了後に汗をかいた状態だと中々取れない。
  • マジックテープなどを誤ってつけてしまうと生地がほつれやすくなる。





SBDエルボースリーブの使用感のまとめ


特にBIG3に力を入れているトレーニーは絶対にするべきトレーニングギアだと思います。何故なら、SBDエルボースリーブを装着する事によって肘関節を守ってくれたり、肘関節を安定して動かせるようになります。

そうなる事で、いつも扱っている重量もしくはそれ以上の重量をより丁寧に扱えるようになり、結果的に扱える重量もアップするといった可能性は十分にあります。