トレーニング理論

スクワットで脚を本格的に鍛えたい人がリフティングシューズを履くべき理由

スクワットで脚を本格的に鍛えたい人がリフティングシューズを履くべき理由

トレーニング初心者がウェイトリフティングシューズを選ぶ際に知るべき事



ウエイトトレーニングの初心者は、トレーニングをはじめたばかりの当初は、主にトレーニングウェアやリフティングベルト、リストストラップ、パワーグリップ、リストストラップ等は直ぐに必要を感じて購入する方も多いと思います。

しかし、殆どの人が中々必要性を感じていないトレーニングギアとしては「シューズ」がその一つだと思います。

ジムでワークアウトしている人は「ファッション性の高い」スニーカーを履いている方も多いと思いますが、本気でウエイトトレーニングしている方(特にBIG3に力を入れている方)は、アパレルやグッズ以上にシューズの方が重要なグッツになります。


本気で筋トレをし始めた場合、必ず良いリフティングシューズを履いてトレーニングを行うべきだと思います。何故なら、一般用のスニーカーを履いてトレーニングするとトレーニングの種類によって怪我をする可能性が高くなります。

何故なら、一般用のファッション性の高いスニーカーは、足のサポートが足りないです。そして、トレーニング中に最も大切な「良い姿勢をキープする事」が難しくなります。

特に「スクワットやデッドリフト」をする際に姿勢(フォーム)が悪いと、トレーニング効果は低くなります。つまり、無駄なエネルギーを使ってしまい、大きな筋肉を作る事が難しくなります。


それでは、このページではスクワットで脚を本格的に鍛えたいと思っているトレーニーがリフティングシューズを履いてスクワットをするべき理由について紹介していきたいと思います。


また、最後にお勧めのリフティングシューズも合わせて紹介していきます。実際に私もリフティングシューズを履いてから、スクワットの重量が伸びて四頭筋全体にしっかりと効かせられるようになりました。

リフティングシューズを履く前は少し固めのソールのスニーカーを履いていましたが、これだとハムストリングやお尻に負荷が逃げていました。

しかし、リフティングシューズを履いてからはしっかりと深くしゃがめるようになって、四頭筋にしっかりと負荷をのせられるようになりました。


スクワットで脚を本格的に鍛えたい人がリフティングシューズを履くべき理由





スクワットシューズの良い点:ソールが硬くて薄い事


スポーツやランニング用のスニーカーはソールが柔らかくてクッション性が高く、パディングが多いです。これはランニングする際に脚や膝の衝撃を和らげる為にとても良いポイントになります。

しかし、ウエイトリフティングをする際には、柔らかいソール部がかえって仇となります。靴のソールにクッション部多いと足の力を最大限に使う事は難しくなります。つまり、良いリフティングシューズにはパディングが殆どありません。


スクワットで脚を本格的に鍛えたい人がリフティングシューズを履くべき理由

スクワットシューズは踵が少し高くなっている


一般的にリフティングシューズのソールは薄いですが、ヒールの部分は少しだけ高くなっています。この「ハイヒール」はスクワットをする時にとても大切な役割を果たします。

高いヒールになっていれば、スクワットの姿勢が自然とよくなり、足首のポジションもスクワットをする際の効果的なポジションになりやすくなります。つまり、もっと深いディープスクワットが出来るようになります。

そして、ヒールが高いお陰で背中が真っ直ぐになります。こういった姿勢が取れれば、もっと重いウェイトを扱えるようになるはずです。




スクワットシューズはマジックテープと紐の両方でフィット感を調整できる


このポイントは主にオリンピック選手用のリフティングシューズにある事ですが、足がシューズの中で滑らない為に「紐の上にはマジックテープ」が付いています。このテープは紐を隠しますので、競技中の安全性が上がります。

マジックテープを引っ張れば、自分の好きなフィット感にする事が出来ます。リフティングシューズがゆるいと、足が滑って重いウェイトを安全にあげる事が難しくなります。

以上の事から本気でスクワットをやり込みたいと思っている方は「正式なリフティングシューズ」を使う事をお勧めします。




お勧めするリフティングシューズのトップ3


それでは、以下に当サイトがお勧めするウエイトリフティング、クロスフィット用のリフティングシューズを紹介していきたいと思います。

ブランドや種類によって、踵の硬さや生地の素材、シューズの質感がかなり異なりますので、自分の用途や好みに合わせて選ぶ事をお勧めします。


NIKE ROMALEOS2(ナイキ ロマレオス)




ナイキのロマレオスは既にバージョン3が発売されていますが、実はバージョン2の方がしっかりしています。ナイキのサイトのユーザーレビューをみてもわかるように、バージョン2のレビューは非常に良いです。そして、あの有名な海外のマッスルセレブである「シメオンパンダ(Simeon Panda)」もこのモデルを使用しています。

マジックテープを通すバックルは金属性なので壊れにくく、とても丈夫です。色々なカラーモデルが出ているので、リフティングシューズの中でもファッション性が高く海外のトレーニーにも人気です。

ナイキ ロマレオスの価格は少し高いですが、「おしゃれさ」+「実用性」がありますので、海外でも人気ナンバー1のリフティングシューズです。




Adidas Men`s Adipower Weightlifting Shoes(アディパワー ウェイトリフティング シューズ)




このリフティングシューズはオリンピックのウェイトリフティング選手に大人気なので「良いリフティングシューズだ!」という証拠は間違いないと思います^^

アディダスのリフティングシューズのシリーズは海外の有名マッスルセレブである「マイク・ラシード(Mike Rashid)」も使用しています。




Inov-8 Men’s FastLift 335 Cross-Training Shoe




このリフティングシューズはファッションスニーカーのブランド名としては有名ではありませんが、クロスフィットの世界でとても人気があります。つまり、ウェイトリフティングだけではなく、他の運動をする際にも使えます。

ナイキやアディダスのリフティングシューズよりは、比較的安めなので初めてのリフティングシューズとして良い選択になるでしょう。


以上、今回はスクワットで脚を本格的に鍛えたい人やデッドリフトの記録を伸ばしたいと思っているトレーニーがリフティングシューズを履くべき理由とリフティングシューズの重要性について紹介してみました。

管理人お勧めのフィットネスフードサービス

ボディメイクをしているトレーニーにとって欠かせない適切な栄養管理。この日々の栄養管理の強い見方になる高たんぱく質のマッスルミール(フィットネス弁当)を提供しているサービスが「Muscle Deli(マッスルデリ)」と言います。

マッスルデリは筋肥大に必要なタンパク質を豊富に含み、栄養士がバランスを考えたビタミンB群を多く含むローカロリー、高タンパク質なメニューになっているとても優れたフィットネスフードを提供してくれるサービスです。おそらく国内初のフィットネスミールのサービスです。

基本的には、一食で「50~60g程のタンパク質」が食事から摂取できる点はとても素晴らしいと思います。本格的にボディメイクを行っている方、筋肉をつけてバルクアップしたい方が手軽に栄養管理出来る今最もお勧め出来るミールサービスです。


マッスルデリ
マッスルデリ公式サイト



実は先日レビューで紹介させていただいたように私もマッスルデリを試してみましたので、気になる方は以下のページからレビューをご覧になって下さい。


マッスルデリ(Muscle Deli)を試した際の感想