ジム

コスパの良いホームジムの作り方:自宅で筋トレする際にお勧めの器具

忙しい現代人の為のコストパフォーマンスの良い結果を出しやすいホームジムの作り方

ジムに通わず自宅で筋トレする際にお勧めのホームジム用の器具と選び方を詳しく紹介


マサシ
マサシ
皆さん、こんにちは。今回の記事では、ベーシックなホームジムを作るための最も重要な器具を紹介したいと思います。そして、私はコストパフォーマンスを考えながら重要な物を紹介したいと思います。


カッコ良く筋肉量の多い体を作るにはジムに定期的に通ってフリーウエイトやマシンを使ったトレーニング行う必要があります。しかし、現代人は仕事や通勤、私生活で忙しくジムに行く時間を作る事がとても難しいです。多くの人はジムのメンバーになりますが、結局は続けられずに途中で解約してしまうという方も多いと思います。

多くの人は、ジムに通う為に月に約「10000円」ほどの会員費用を払っているという方が多いと思いますが、それに対して実際にジムを使う時間は少ないです。

結局は、忙しい人にはジムのメンバーシップ(会員費)はコストパフォーマンスが悪いという事になります。そういった背景もあり、最近では自宅に「ホームジム」を作る人が少しづつ増えているそうです。

「ホームジム」という単語を聞くと、「凄くお金がかかりそう!」、「うちは部屋が狭いから無理だな・・」と考える方が多いと思います。しかし、目的を明確にして必要最低限のトレーニンググッツさえ揃えられれば、コストパフォーマンスの高いホームジムを作る事は可能になってきています。

ホームトレーニーに適したトレーニング種目や器具を使えば、例え狭いスペースでも良いホームジムを作ってかっこいい体を作る事は可能です。

今回のホームジムの費用を計算すると「一年分のジムの会員費」くらいあればかなり良いホームジムを作る事が出来ます。




バーベルとプレートセット


これは最も重要な買い物です。バーベルとプレートセットを買うとこちらの運動が出来ます:

  • 脚: フロントスクワット、バックスクワット、ランジ、デッドリフト
  • 背中: バーベルロー、アップライトロー、パワークリーン
  • 肩: ミリタリープレス、ビハインドザネックプレス
  • 腕: バイセップカール、スカルクラッシャー、クロースグリップベンチプレス
  • 胸: ベンチプレス(フラット、インクライン、デクライン)


バーベルとプレートを選ぶ際に、自分の部屋のサイズを考えましょう。正式なバーベルバー(オリンピックバー)は約2メートルくらいの長さなので、そのサイズが部屋に入るかどうか考えましょう。

当たり前ですが、バーベルとプレートはとても重いので床を守るために専用のショック吸収用のゴムマットを付けましょう。こうすれば防音対策と床を傷めずに済みます。


バーベルとプレートのセット




このバーベルは一般のジムで使われている220cmオリンピックバーよりも短い183cmのものなので、スペースに限りがあるホームジム用としては最適です。別売りのEZバーやダンベルバーを買ってこちらのプレートを使えばトレーニングの幅はされに広がります。

トータルで112.5kgのセットなの、初心者~中級者のトレーニーにとても良いと思います。自宅でこのくらいのセットがあればかなり良い体を作る事が出来ます。


ジム用フロアマット


created by Rinker
ワイルドフィット
¥11,800
(2020/12/02 10:04:16時点 Amazon調べ-詳細)


表面が合成レザー仕上げで、硬度が65度と硬いので、パワーラックを置いても、重量マシンをおいても沈む心配がありません。

ジョイント式なので、部屋のサイズに合わせて使う事も出来るので、非常に便利です。





ベンチ台とベンチプレスラック


ベンチ台だけでも様々なエクササイズが出来ますが、合わせてベンチプレスラックを買えば「ベンチプレス」というウエイトトレーニングが出来ます。

ベンチプレスは大きな筋肉を作る上で最重要種目である「BIG3(ビックスリー)」の中の一つのエクササイズです。

そして、ベンチ台を買う際には出来るだけ「頑丈でしっかりした作り」の質の高い物を買った方が良いです。(グラつきがなく、最大耐過重が大きいものがお勧め)


ベンチプレスに慣れてくると、どんどん重い重量に挑戦していく事になると思いますので、そういった高重量にも耐えられる壊れにくいベンチ台を選ぶようにしましょう。

そして、台の角度が調節出来るベンチ台を買えば「インクライン」や「デクライン」のエクササイズをする事が出来ますので、様々アプローチで胸の筋肉、肩の筋肉を鍛える事が可能になります。


お勧めのベンチ台とベンチプレスラック:




比較的リーズナブルな値段で購入出来る本格的なパワーラックです。勿論、幅はとってしまいますが、ホームジムとして使うには申し分ないと思います。

こちらの耐荷重は約150kgまでになっていて、ディップスをする場合は約80kgまで、チンニングの場合は約120kgまで耐えられるので、強度的には問題なさそうです。初心者から中・上級者のトレーニーまで使えるラックです。




予算に余裕がある方はパワーラックは非常にお勧めです。これとベンチ台さえあれば、殆どのエクササイズをフリーウエイトを使って行う事が出来ます。






ケトルベル


ホームジムを作る場合には、ダンベルよりもケトルベルをお勧めしています。なぜなら、ダンベルと同じようなエクササイズが出来ますが、ダンベルよりもフレクキシブルです。

バルクアップ中の方であれば、ケトルベルと使えばとダンベル利用時よりも重い重量をリフティングする事ができますし、ダイエット効果を狙っている人は、エクササイズの中にケトルベルを取り入れれば、効果的な有酸素運動も行えます。

このようにケトルベルを使えば数多くのバリエーションをワークアウトに加える事が出来ます。


お勧めのケトルベル:


このセットには3つのケトルベルが入っています。重さは「8kg」、 「12kg」、 「16kg」のセットなので、自分の筋肉の強さに合わせて好きなケトルベルを選ぶ事が出来ます。







エクササイズバイク


大きな筋肉を作る為には、ウェイトトレーニング特に「BIG3(ビックスリー)」が重要ですが、同時に筋肉を綺麗(セパレーションを綺麗)に見せるには「有酸素運動」取り入れる必要があります。

外でジョギングやランニングをするには、天候に左右されますし、気が乗らない際には外に出る事も億劫になります。そういった方にお勧めの有酸素運動は「エクササイズバイク」を使った「サイクリング」です。

折りたたみのエクササイズバイクは狭い部屋でも使えますし、テレビや映画を観ながら、インターネットをしながら出来る運動だからとても気軽に取り組めます!

エクササイズバイクをすれば体脂肪も抑える事が出来ますので、フィトネスの為にやってみましょう!


エクササイズバイクお勧めのバイク:


このエクササイズバイクは折りたたみも出来ますし、色々な角度で使えますので、脚に色々な刺激を与えるワークアウトが出来ます。そして、コントロールパネルで速度、距離、時間、心拍数も計ることが出来ます。





ホームジムの最後のオプション


上記に紹介した物を買った後にスペースとお金が残っているなら、次にお勧めするのは「パンチバッグ」です!

ボクシングは全身のフィトネスにとても良いし、ストレス解消にもなりますのでお勧めです!(車庫にスペースがある人に特に良いと思います。ワンルームアパートに入れる事は難しいと思います^^)





それでは、ジムの入会を迷っている方、いつからワークアウトをはじめようかと悩んでいる方! 早速ホームジムを作って本格的なワークアウトをはじめましょう!


管理人お勧めのフィットネスフードサービス

ボディメイクをしているトレーニーにとって欠かせない適切な栄養管理。この日々の栄養管理の強い見方になる高たんぱく質のマッスルミール(フィットネス弁当)を提供しているサービスが「Muscle Deli(マッスルデリ)」と言います。

マッスルデリは筋肥大に必要なタンパク質を豊富に含み、栄養士がバランスを考えたビタミンB群を多く含むローカロリー、高タンパク質なメニューになっているとても優れたフィットネスフードを提供してくれるサービスです。おそらく国内初のフィットネスミールのサービスです。

基本的には、一食で「50~60g程のタンパク質」が食事から摂取できる点はとても素晴らしいと思います。本格的にボディメイクを行っている方、筋肉をつけてバルクアップしたい方が手軽に栄養管理出来る今最もお勧め出来るミールサービスです。


マッスルデリ
マッスルデリ公式サイト



実は先日レビューで紹介させていただいたように私もマッスルデリを試してみましたので、気になる方は以下のページからレビューをご覧になって下さい。


マッスルデリ(Muscle Deli)を試した際の感想