プロテインバー

オプチマムのプロテインバー「OPTI-BAR(オプティバー)」を食べた際の感想とカロリーや糖質などの栄養成分をレビューします

OPTI-BAR(オプティバー)を食べた際の感想を紹介!オプティバーの「ホワイトチョコレートラズベリー味」は美味しい?食感やカロリーや糖質、脂質等も分析して紹介します!



今回は以前にレビューを書いた「クエストバー(Quest Bar)」や「ンバット クランチバー」同様に国内外人気のあるプロテンバー。

オプチマムのプロテインバー OPTI-BAR(オプティバー)のホワイトチョコレートラズベリー味を食べた際の感想を味や食感、カロリーや糖質、脂質等も含めてレビュー形式で紹介してみたいと思います。




オプティマム(オプチマム)といえば、ホエイプロテインで人気のブランドです。私も以前、オプチマムのチョコ系のフレーバーのホエイプロテインを飲んでいましがたが、とにかくコクがあって美味しいホエイプロテインでした。

そんなことから、この会社が出しているプロテインバーも、やはり味が美味しいのではないかと思って今回は試してみる事にしました^^






こちらの記事もお勧めです:




OPTI-BAR(オプティバー)の特徴やセールスポイント



オプティバーも、クエストバーやコンバット クランチバーやと同様に「高繊維」のプロテインバーという点がセールスポイントに含まれています。食物繊維は本当に重要です。

オプティバーの製品としての特徴調べてみたところ、具体的には以下の点がセールスポイントになっています。



  • このプロテインバーに使われているプロテインは「ホエイプロテイン」+「ミルクプロテイン」で両方とも”プロテインアイソレート”のみを使用している
  • 糖分5g以下でヘルシーなバー
  • 食物繊維が「10g」配合なので他社製品よりも食物繊維の含有量が多い事



OPTI-BAR(オプティバー)の気になるカロリーや糖質、脂質などの栄養成分紹介



オプティバーの一本辺りの栄養補助剤成分表示は以下のようになっています。


  • 一本辺りのグラム数:(60g)
  • 一本辺りのカロリー:240kcal
  • タンパク質:20g
  • 総脂質:7g
  • 飽和脂肪:2g
  • トランス脂肪:0g
  • コレステロール:5mg
  • ナトリウム:150mg
  • 炭水化物:24g
  • 食物繊維:8g
  • 糖分:4g
  • 砂糖アルコール6g:


味の美味しさとしては、クエストバーよりも(フレーバーによりますが)お菓子っぽくて美味しいのですが、コンバット クランチバー同様に若干、カロリーが高めになっています。


>> Optimum Nutrition「オプティバー」を見てみる



OPTI-BAR(オプティバー)の味や食感など



一口目を食べてみた時にまず感じたのは、味としては「クエストバーのストロベリーチーズケーキ味に非常に近い」と思いました。

しかし、食感はこちらの方が圧倒的に柔らかく仕上がっています。クエストバーよりも格段に柔らかく食べやすいと思います。海外の高たんぱく質のプロテインバー、クエストバーような粉っぽさ、ぱさつきがないんですよね。

オプティバーの方がどちらかと言うとしっとり感があります。よく例えると、まるで生キャラメルのような食感でした。





一方クエストバーのほうはもうちょっと乾燥したドライな感じがします。オプティバーよりももっと水分がなく固形物っぽい感じです。

クエストバーのほうはドライフルーツが生地の中に練り込まれていましたが、こちらのオプティバーにはそういったドライフルーツっぽいものは入ってません。




しかし、ラズベリーの風味はしっかりと中の生地に練り込まれるような感じです。

このオプティバーの味を美味しくしている大きな理由は、生地表面にちりばめられている「ホワイトチョコレートのチョコチップ」のお陰だと思います。

これによって多少のカロリーが上がってしまっていますが、本当にスイーツ感覚で食べられるおいしいプロテインバーです。減量時期ではないトレーニーには、おやつ時間にとてもオススメです。




海外のプロテインバーと言えばクエストバーが有名ですが、味としては確実にこちらのオプティバーやコンバット クランチバーに軍配が上がります。

カロリーをある程度気にしていない方、バルクアップ中の方にはお勧め出来るプロテインバーです。手軽にこれだけの高たんぱく質を取れて、味も美味しい!とくれば非常に良いおやつになります。


今回レビューしている紹介している「オプティバーのホワイトチョコレートラズベリー味」は以下のサイトで購入出来ます。


>>「オプティバー」の詳細を見てみる