マッスルセレブ

ジェフシード(jeff seid)のプロフィールとトレーニングメニュー、食事法を紹介

ジェフシード(jeff seid)

IFBBプロフィジーク選手 ジェフシード(jeff seid)とは?



今回の「海外のマッスルセレブ」の記事では、アメリカ人のIFBBプロフィジーク選手であるジェフシードという人物のプロフィールを紹介したいと思います。

インスタグラムをやっているトレーニー、ボディービルダー、フィジーカーの方であれば、もしかするとジェフシードをみた事がある方もいらっしゃると思います。

彼のルックスはある意味でそのくらいインパクトがあると思います^^

何故なら、彼のルックスは他の欧米のフィジーク選手とはまるで違った雰囲気があります(特に髪型!)。彼は現在までアメリカで最も若いIFBBプロフィジーク選手です。彼の肉体の素質はとにかく凄いです。





ジェフシード(jeff seid)のライフストーリー


ジェフは1994年6月12日にアメリカのワシントン州に生まれました。彼は5歳の頃からスポーツをやり始めました。

11歳の頃に両親からダンベル、ベンチ、バーベル、そして「Weightlifting for Dummies」(直訳:無知の人の為のウェイトリフティングガイド)という本をもらいました。

そうしてジェフ・シードは、その頃から本格的にウエイトトレーニングをし始めました。


ジェフは中学生の頃スポーツがとても上手でした。彼は自分の年齢で全国のトップレスリング選手の一人でした。そして、アメフトでもその才能を発揮していました。

彼はアメフトの才能をかわれて奨学金で良い大学に入学しようと考えていました。しかし、高校の最後の一年のアメフトの試合でとても酷い怪我をしてしまいました。それは膝の前十字靭帯を破ってしまうという大怪我でした。

その怪我のせいもあって、ジェフの大学進学への夢は終わってしまいました。


しかし、ジェフは持ち前のポジティブな性格で「アメフト選手として活躍できないなら違う道を選ぶしかない」と考えたようです。彼はその当時、ウエイトトレーニングをもう既に6年間ほどやり続けていました。

そんなことから、ジェフは「もしかしてウエイトトレーニングを自分のキャリアに出来るかもしれない!」と考えました。

彼は「bodybuilding.com」というウェブサイトを読みながら「フィジーク」というボディビルのカテゴリーを発見しました。


そして、自分もプロフィジーク選手を目指す事にしました。彼はフィジークを発見して1ヶ月後に始めてのコンテストに参加しました。彼はその大会で見事優勝する事が出来ました。

その1年後、全国のフィジーク大会で優勝しています。その優勝の経歴から、晴れて「IFBBプロ」になりました。そして彼はアメリカの”最も若い”IFBBフィジークプロになりました。


ジェフは今までミスター・オリンピア(フィジーク)という大会に2回参加しています。現在の彼はようやくフルタイムでプロボディービル・フィジーク選手として活躍できるようになりました。

また、ジェフは最近自分のアパレルブランドを設立しました。彼のブランドは「SeidWear Fitness Apparel」と言います。



ジェフシード(jeff seid)の肉体


ジェフシード(jeff seid)
  • 身長: 183cm
  • 体重: 95キロ
  • 腕: 45.72cm



ジェフシードのトレーニングプログラム


ジェフは一週間に「5回トレーニング」を行っています。彼は有酸素運動として「HIIT」を行っています。

彼は二日に1回、脂肪を燃やす為にHIITを行っています。彼の好きなHIITはエクササイズバイクのようです。

お勧め記事:「バルクアップしたいボディービルダーやトレーニーになぜ有酸素運動が必要なのか?



月曜日: 胸、カーフ、HIIT

  • インクラインベンチ:4セット(10,8,8,6回)
  • インクラインフライ:4セット(10,8,8,6回)
  • ケーブルクロスオーバー4セット(15,10,8,8回)
  • ダンベルフラットベンチ: 4セット(15,10,8,6回)
  • ディップス:4セット、(限界まで)
  • インクラインベンチマシーン:3セット(10回)
  • 腕立て:3セット(限界まで)
  • プルオーバー:3セット(15回)
  • スタンディングカーフレイズ:4セット(15回)
  • ドンキーカーフレイズ:4セット(15回)
  • シーテッドカーフレイズ:4セット(15回)


火曜日: 背中、腹筋

  • デッドリフト: 4セット(15, 10, 8, 6回)
  • ベントオーバーロー:4セット(12, 10, 8, 8回)
  • チェーンソー:4セット:(12, 10, 10, 8回)
  • Tバーロー:4セット(12, 10, 8, 8回)
  • ワイドグリッププルアップ:(4セット限界まで)
  • シーテッドロー:4セット(10, 8, 8, 6回)
  • ワイドグリップラテラルプルダウン:4セット(12, 10, 8, 8回)
  • グッドモーニング:3セット(12回)
  • 様々な腹筋エクササイズ(クランチ、レグレイズなど):1セット


水曜日: 脚、カーフ、有酸素運動

  • スクワット:5セット(15, 10, 8, 6, 4回)
  • フロントスクワット:4セット(12, 10, 8, 8回)
  • ハックスクワット:4セット(12, 10, 8, 8回)
  • レッグプレス:4セット(10, 8, 8, 6回)
  • クワッドエクステンション:4セット(12, 10, 8, 8回)
  • ライングレッグカール:4セット(12, 10, 8, 8回)
  • スタンディングカーフレイズ:4セット(15回)
  • ドンキーカーフレイズ:4セット(15回)
  • シーテッドカーフレイズ:4セット(15回)


木曜日:肩、腹筋

  • ダンベルショルダープレス:4セット(10, 8, 8, 8回)
  • フロントラテラルレイズ:4セット(12, 10, 8, 8回)
  • サイドラテラルレイズ:4セット(12, 10, 8, 8回)
  • アーノルドプレス:3セット(10, 8, 8回)
  • ケーブルアップライトロー:3セット(8-10回)
  • ベントオーバーラテラルレイズ:3セット(8-10回)
  • アップライトロー:3セット(12-15回)
  • シュラッグ:4セット(15回)
  • 色々な腹筋運動(クランチ、レグレイズなど):1セット


金曜日:腕、カーフ

  • バーベルカール:4セット(0, 10, 8, 8回
  • インクラインベンチスカルクラッシャー:4セット(12, 10, 8,8回)
  • マシーンカール:4セット(8-10回)
  • プッシュダウン:4セット(8-10回)
  • インクラインカール:4セット(8-10回)
  • キックバック:4セット(10-12回)
  • コンセントレーションカール:4セット(8-10回)
  • ワンアームエクステンション: 4セット(10-12回)
  • スタンディングカーフレイズ:4セット(15回)
  • ドンキーカーフレイズ: 4セット(15回)
  • シーテッドカーフレイズ:4セット(15回)


土曜日、日曜日:休日


基本的に土日はトレーニング休憩日に当てている。




ジェフ・シードの食生活


ジェフの食生活は他のフィジーク選手と同じような生活です。彼は一日に「6回の食事」を食べています。そして食事の補助として「2回プロテインシェイク」を飲んでいます。
  • 食事1:  5個の卵の白身、1個の卵、オートミール、バナナ
  • 食事2:  プロテインシェイク、リンゴ
  • 食事3: 鶏肉の胸、サラダ、サツマイモ
  • 食事4: ハムサンド、ブドウ
  • 食事5: プロテインシェイク
  • 食事6: 牛肉のステーキ、サツマイモ、ブロッコリー、サラダ
  • 食事7: ピーナッツバターとジャムのサンド、牛乳2杯
  • 食事8: ギリシャヨーグルト、ブルーベリー



ジェフシード(jeff seid)のSNS紹介