サプリメント

ユニバーサルニュートリションのハイプロテインバーを食べた際の感想とカロリーや糖質などの栄養成分をレビュー

ユニバーサルニュートリションのプロテインバー:ハイプロテインバーを食べた際の感想を紹介! ユニバーサルニュートリションのプロテインバーは美味しい? 食感やカロリーや糖質、脂質等も分析して紹介します!




今回は海外のプロテインバーを食べた際のレビューを紹介したいと思います。買い物はいつも利用しているアイハーブで買った物です。

まずは、今回購入したプロテインバーの会社「Universal Nutrition」という会社について分析してみたいと思います。

このユニバーサルニュートリションのハイプロテインバーは「Universal Nutrition」というスポーツサプリメント会社自身によって作られています。Universal Nutritionは1977年に設立されました。

つまり、歴史は古く40年間このフィットネス業界で活躍している老舗の会社です。この会社の本社はアメリカのニュージャージー州にあります。売り上げの50%はアメリカ国内ですが、海外ユーザーからも、とても人気があります。


アメリカのニュージャージー州にあるスポーツサプリ会社:ユニバーサルニュートリションアメリカはニュージャージー州にあるサプリ会社:ユニバーサルニュートリション


元々は家族のビジネスからスタートした会社なので、ビジネススタイルは「オールドスクール」と言われていますが、この会社のデジタルマーケティングはとても上手です。

例えば、この会社は自社のユーチューブチャンネルがあります。このチャンネルには、有名なフィットネスセレブやボディービルダーのインタビュー、ドキュメンタリーがあります。







ユニバーサルニュートリションのハイプロテインバーについて





一般的に、多くのサプリメント会社は自社でプロテインバーを製造していません。つまり、他の工場で製造しているという事になります。しかし、Universal NutritionのHi Proteinバーは自社の工場で製造されています。

その為、会社のスタッフは自社ブランドの商品のクオリティーや材料などを厳しく管理しています。一般的に他のサプリメント会社のプロテインバーには(安い)ホウェイコンセントレートが使われる事が多いです。

しかし、このブランドのHi Proteinバーには品質が高く良いプロテインアイソレートが使われているようです。その為にこのプロテインバーの評判は海外でも良いです。




例えば、bodybuilding.comというウェブサイトではこのバーは「8.4/10」というスコアが出ています。このバーの最も優れた点は「たんぱく質の含有量」です。

一本のバーには約「32g」のたんぱく質が入っています。これは他社のプロテインバーの平均グラム数よりかなり高いです。


一般的にプロテインバーは「たんぱく質の量が増えると共にプロテインバーの味と食感は悪くなる」という傾向がありますが、その点に関してHi Proteinバーは美味しいです。Universal Nutritionは、多くのユーザーに受け入れられる為に「味と食感」に力を入れているようです。

その為にこのバーは、よくある「パサパサした食感」、「妙な粉っぽさ」はありません。食べやすさを追求していプロテインバーです。


多くの海外のボディービルダーはこのバーを、減量時にカットを出したいという時に食べるそうです。何故なら、このバーはたんぱく質が多いですが「糖分と炭水化物の量が比較的少ない」という点があるからです。

たんぱく質と炭水化物の比率は「5:1」です。それぞれのバーには「33g」の炭水化物しか入っていません。その中にわずか「1g」の砂糖が入っています。食物繊維は殆ど入っていませんが、プロテインバーの世界ではこれくらいが普通です。

バー一本で「296カロリー」です。その中の54カロリーは脂肪からきています。このバーには三つの味があります。

  • chocolate brownie
  • chocolate peanut butter
  • S’mores


最も人気のある味は「chocolate brownie」です。bodybuilding.comでも、この味が最もランキングが高いです。

マクロを気にしている人はこのバーはお勧めです。そして、炭水化物は比較的に少ないので、カットを出したいが甘い物も食べたいという人にはお勧めします。




Universal Nutrition Hi Proteinの気になるカロリーや糖質、脂質などの栄養成分紹介






一本辺りの栄養補助剤成分表示は以下のようになっています。


  • 一本りのグラム数:(85g)
  • カロリー:293kcal
  • たんぱく質:33g
  • 食物繊維:4g
  • 脂肪:6g
  • コレステロール:18mg
  • ナトリウム:216mg
  • 炭水化物:33g
  • 糖分:1g



Universal Nutrition Hi Proteinプロテインバーコストパフォーマンスについて





このバーの一つだけのマイナスポイントは「商品価格」です。他のプロテインバーと比べると少し高い方です。しかし、その理由としては「たんぱく質の質が高い(アイソレート!)」を使っている事が原因です。

しかし、一本のバーのたんぱく質の含有量を考えれば、一見高いと思う価格も納得は出来ます。たんぱく質の量を考えるとコスパはそんなに悪くありません。




Universal hi protein barを食べた際の感想





袋を開けた時の香りは普通のチョコレートバーといった感じです。さすがに味や風味にこだわっているというだけあり、香りは良いと思いました。

プロテインバーの全体にチョコレートがしっかりとコーティングされているので、見た目も普通のチョコバーです。チョコレートの風味自体はそんなに無いのですが、割と甘さは控えめと言った感じです。




一見するとプロテインバーと言う感じには見えませんね。私が食べた味はチョコレートブラウニーです。しかし全体的にしっとりとした食感で柔らかく食べやすいです。よくある海外製のプロテインバーよりはキャラメルのような粘質はなくほどよく柔らかいです。



雰囲気的には日本のウィダーから発売されているチョコレート味のプロテインバーに似ています。海外性のプロテインバーとしては珍しい柔らかい食感のプロテインバーですね。

海外プロテインバーと言えばクエストバーのような固いキャラメルの生地が一般的なので、やわらかい食感のプロテインバーは珍しいですね。製造法や栄養成分の配合に工夫が見られます。




チョコの中には生キャラメルっぽい生地のレイヤーがあり、その層が厚い為にしっとりした食感を生み出しているんでしょう。口の中に含んでもパサパサしたような感じにはなりません。



ボリュームとしては、食べ応えがあるものの、変な癖もないのでさくっと食べてしまいました。味は私は美味しい方だと思いますが、個人の好みにもよるんでしょうね。

しかし、先程も言いましたが、プロテインバーのマクロは素晴らしいです。そういった意味では優秀なプロテインバーだと思います。



>> ユニバーサルニュートリションのハイプロテインバーの詳細を見てみる