ブランド

HERA×HERO(ヘラヒーロー)のサイズ感やフィット感、素材を徹底レビュー

HERA×HERO(ヘラヒーロー)

ジェレミーブエンディアで御馴染みのHERA×HEROのレビュー



マサシ
マサシ
皆さんこんにちは。Masashiです。今回の記事では、HERA×HERO(ヘラヒーロー)のサイズ感やフィット感、アパレルの素材感などを実際に着用した感想と共にレビューしてみたいと思います。


今回私が手に取ったヘラヒーローのアパレルは、HERA×HEROのDLUXX Tシャツという半袖のシャツと、HERA×HEROのデュアルショートというハーフショーツです。

まず、率直な感想としてパッケージを開いてみた感じ、しっかりとブランディングされた高品質なアパレルだなという印象を受けました。

何故、そう感じたかのというと、やはりこのアパレルの素材感からくる製品の手触りや生地の厚みからくるものなのではないかと思います。実際に着用してみて色々と感じる事もありましたので、そういったフィット感についても詳しく書いてみたいと思います。



HERA×HERO(ヘラヒーロー)とは?


このブランドHERA×HERO(発音:ヘラ・ヒーロー)は2017年に設立されたフィットネス・ジムウェアブランドです。HERA×HEROの設立者はChad Nutschというアメリカ人です。彼自体はアメリカのノースカロライナ州の出身のようです。

Chad Nutsch氏は元々は不動産ビジネスの世界で成功した人物のようですが、彼のインスタグラムを見ていてもジェレミーと一緒にトレーニングをしたり、自身でもボディーメイキングを行っているので、フィットネスカルチャーのファンである事は間違えなさそうです。

そんな彼がフィットネスアパレルブランドを立ち上げて、あのジェレミー・ブエンディアをモデルに起用し、ビジネスパートナーとして迎い入れて出来上がったブランドが、このHERA×HERO(ヘラヒーロー)というフィットネスアパレルブランドです。



HERA×HEROのアパレルを実際に手にとってみた感想


製品の生地的には、大手のスポーツブランドである、ナイキやアディダス、アンダーアーマー等のTシャツやショーツと比べ物にならないような高級感を感じました。

それでは、まずHERA×HERO(ヘラヒーロー)のパッケージからみていきましょう。荷物はこのような感じで届きました。


HERA×HERO(ヘラヒーロー)

HERA×HERO(ヘラヒーロー)の商品が発送されてきた住所はカリフォルニア州のトーランスです。トーランスと言えば昔から日本人が多く日系のコミュニティがあるエリアです。


HERA×HERO(ヘラヒーロー)

そして、トーランスと言えば・・・筋トレ好きな人には御馴染みのジム「Dave Fisher’s Powerhouse Gym Torrance(トーランス パワーハウスジム)」がある場所です。日本人のプロボディービルダー山岸選手や多くの海外有名ボディービルダーがよく訪れているジムですね。

実は私もロサンゼルスに住んでいた時は何度がトーランスに行った事がありますが、落ち着いて住みやすいエリアです。

話がそれてしまいましたが、トーランスという場所はそういった所です。Tシャツ、ショーツ共に、HERA×HERO(ヘラヒーロー)のブランド専用パッケージに綺麗に梱包されていますね。


ヘラヒーロー

HERA×HERO(ヘラヒーロー)



HERA×HEROのDLUXX Tシャツのサイズ感や素材、フィット感は?


HERA×HERO(ヘラヒーロー)
Tシャツを取り出してみるとこのような感じです。今回はカーキ色(オリーブ色)にしてみました。海外のフィットネスアパレルブランドでは、オリーブは定番のカラーですね。

まず、Tシャツの素材に使われている生地はしっかりとしていて厚みがある高品質な素材をつかっています。触ってみるとわかりますが、やはり高品質をうたっているブランドだけあって手触りからして良い素材という印象を受けました。

後ろにもHERA×HEROと一目で分かるようなメインロゴデザインが入っています。最近フィットネスアパレルブランドで流行っているシンプル系のデザインですね。

HERA×HERO(ヘラヒーロー)

そして、コットンに加えてスパンデックスが入っているので、収縮性がありフィット感はとても良いです。トレーニー自慢の体をより一層協調してくれるデザインですね。

特に大胸筋や肩幅が広い方には、とてもピッタリとフィットしてくれるので、かっこよく着こなせます。


HERA×HERO(ヘラヒーロー)

細身のシルエットでウエスト部分もしっかりとカーブがある形なので、しっかりと鍛え上げたトレーニーの逆三角形ボディーラインを強調してくれるデザイン&フィット感に仕上がっています。

サイズ感的には日本規格の洋服でMサイズを着ている方なら、ワンサイズ下げてSサイズでかっこよく着こなせるフィット感になると思います。

腕周りもぴったりとフィットしてくれるので、鍛え上げた太い腕をお持ちのトレーニーにはうれしいフィット感だと思います(笑)。


HERA×HERO(ヘラヒーロー)

先程も言ったように、生地が厚めなので、着用した感じは少し暑いかな!?と思っていましたが、実際に袖を通してみると、さらっとした肌触りで例え汗を書いてもベタっとした感じにはなりづらいと思いました。

そして、ヘラヒーローのロゴプリントもしっかりしており、耐久性もありそうです。洗濯を数回して剥がれてしまうような安っぽいシルクスクリーンプリントではないと思います。

また、写真のアップでTシャツの縫製部をみてもらうとわかりますが、生地の縫い合わせが綺麗に処理されています。品質管理は徹底されているように感じますね。


HERA×HERO(ヘラヒーロー)Tシャツ
よく海外のアパレルブランドは縫製が少し甘い場合が多いのですが、フィットネスメーカーに限っては縫製や生地がしっかりしているブランドが多いです。


HERA×HERO(ヘラヒーロー)Tシャツ

このヘラヒーローも他のブランド同様に縫製がしっかりとしています。一般的なスポーツブランドやミッドレベルのアパレルブランドの生地よりも断然、高級感を感じる素材です。

HERA×HEROというブランドは、今流行のアスレジャーにももってこいのファッションアイテムになると思います。個人的に特にTシャツはお勧め出来ます。

また、シャツの下に切り込み加工がされているので、シャツ下がもたつく事がありません。これによって常に体にフィットした状態をキープできるようになっています。こういった部分のデザインがフィットネスアパレルブランドの良い点です。







HERA×HEROのデュアルショートのサイズ感や素材、フィット感は?


HERA×HEROのデュアルショートのサイズ感

次にヘラヒーローのショーツについてレビューしてみたいと思います。ショーツの生地ですが、他のフィットネスアパレルブランドの物と比較すると、かなり厚めの生地を使用しています。

HERA×HEROのデュアルショートのサイズ感
素材の雰囲気的に「ナイキのテックフリースパンツ」の生地を少し厚めにしたような素材感だと思います。ですから、個人的にはトレーニング用というよりは、街着として着用するような印象を受けました。


HERA×HEROのデュアルショートのサイズ感

一応、4WAYストレッチ素材になっていますが、正直ですから、ストレッチはあまり期待出来ませんので、しっかりと脚を鍛えているようなトレーニーはサイズ選びに注意が必要です。

HERA×HEROのサイトにある商品解説では、テーパーフィットデザインとなっていますので、腿の付け根から膝にかけてのフィット感はかなり強いです。

今回、私の場合、すっきりしたフィット感を求めてSサイズをチョイスしましたが、ストレッチが思ったよりも効かなかったせいもあり、ご覧の通りかなりぴっちりした感じになっています。

HERA×HEROのデュアルショートのサイズ感

個人的には、もう少し余裕があっても良かったと思っていますので、Mサイズでもよかったと思いました。ただ最近のフィットネスアパレルブランド、アスレジャー向けのストリートファッションブランドからリリースされているショーツは、タイトなフィットで丈が短いものが多い傾向なので、サイズ感やフィッティングに関しては個人の好みかなとは思ました。

以上の事から、HERA×HEROのショーツのサイズ感に関しては日本規格のサイズ感を同じでよいのではないかと思っています。

おそらく、HERA×HEROのジョガーになると日本サイズで選んでしまうと丈(レングス)が長くなってしまう可能性があるので注意が必要です。

また、デザイン面では、このブランドの特徴でもあるDual stitching(二重縫い)がアクセントになっています。このデザインを見ただけでフィットネスアパレルに詳しい人ならすぐに分かるデザインだと思います。

HERA×HEROのデュアルショートのサイズ感
こういったフィット感と縫製の為にトレーニーの鍛えた足を強調してくれるデザインに仕上がっています。通気性は良いと思いますので、トレーニング中にも街着としても使えるまさにアスレジャーによく合うショーツです。


カリフォニア発、フィットネスアパレル【Hera x Hero】