マッスルセレブ

ライアンテリーの経歴とトレーニング法、食事内容を徹底分析

イギリス出身の人気フィジーク選手 ライアン・テリーの経歴

イギリスのフィジーク選手 ライアンテリーの経歴とプロフィール、トレーニングメニューや食事内容を紹介



今回は、イギリス出身の人気フィジーク選手である、ライアン・テリーの経歴とトレーニングメニュー、食事プランを紹介してみたいと思います。

ライン・テリーは1988年に生まれたイギリス人のボディービルダー(フィジーク選手)です。彼はSNS(ユーチューブ、インスタグラムなど)でとても人気のあるフィットネスモデルです。

海外のボディービル、フィジークファン、フィットネスファンの方はご存知の方も多いと思います。そして、フィットネスウェアのブランドで御馴染みのジムシャーク(Gym shark)のモデルを務めていますので、一度は目にした事がある方も多いかもしれません。


ライアンテリーについて


イギリス出身の人気フィジーク選手 ライアン・テリーの経歴イギリス出身の人気フィジーク選手 ライアン・テリーの経歴


ライアン・テリーは1988年にイギリスのノッティングハムシャー州で生まれました。14歳の時からウエイトトレーニングをはじめましたが、彼は小さい頃からスポーツをやっていました。彼はこの世界に入る前に体操や水泳もやっていたようなので、元々はスポーツマンのようです。


ライアン・テリーは元々2010年に「ミスター・グレイト・ブリテン」というイギリスの”イケメンコンテスト”に参加しその大会で優勝した事もあります。その後、「ミスター・インターナショナル」も優勝できました。

それがきっかけで彼はモデルとしての仕事が増えて、元の職業である配管工職人の仕事を辞められるようになったようです。

ライアン・テリー2013年にヨーロッパのアーノルド・クラシック・メンズ・フィジークというコンテストで優勝しました。2015年にはミスター・オリンピアで4位を取る事が出来ました。






ラインテリーの肉体


ライアン・テリーの身長は177.5cmで体重は84kg~88.5kgくらいです。体脂肪は5%に抑えられているようです。

その肉体を作るために彼は「一週間に6回のウエイトトレーニング」をして「一日に5回ほどの食事」をしています。それでは、ライアン・テリーが現在行っているの筋トレのメニューを見てみましょう。



ライアン・テリーのウエイトトレーニングメニュー


リッチ・ピアーナのトレーニングメニューライアン・テリーのウエイトトレーニングメニュー



月曜日の筋トレメニュー:(背中)

  • ワイドグリッププルアップ 4セット×12-15回
  • ワイドグリップマシーンプルダウン 4セット×12-15回
  • クロースグリッププルダウン 3セット×12-15回
  • クロースグリップシーテッドロー 3セット×12-15回
  • バーベルベントオーバーロー 4セット×12-15回
  • デッドリフト 4セット×8-10回



火曜日の筋トレメニュー:(腕、腹筋)

  • トライセプディップ 4セット×8回
  • シングルアームトライセプケーブルプッシュダウン 3セット×10-12回
  • スカルクラッシャー3セット×10-12回
  • イージーバーベルカール 3セット×8-10回
  • シングルアームダンベルカール 4セットx8-10回
  • ハンマーカール 3セット×8-10回
  • シットアップ 4セット×50回
  • サイドオブリークツイスト 3セット×20回
  • ウェイテッドクランチ 3セット×12-15回



水曜日の筋トレメニュー(脚)

  • スクワット 4セット×10回
  • ハックスクワット 3セット×8-10回
  • レッグプレス 3セット×12回
  • レッグエクステンション 3セット×12-15回


木曜日の筋トレメニュー:(肩)

  • サイドラテラルレイズ 4セット×10-12回
  • ショルダープレス 3セット×8-10回
  • ストレートアームフロントレイズ 3セット×15回
  • リアデルツ、ケーブルマシーン 3セット×15回
  • フロントシュラッグ・オリンピックバー 3セット×15回
  • リアシュラッグ・オリンピックバー 3セット×15回


金曜日の筋トレメニュー:(腹筋・胸)

  • インクラインプレス・オリンピックバー 4セット×10-12回
  • フラットダンベルプレス 4セット×10-12回
  • ケーブルフライ 4セット×10-12回
  • インクラインダンベルフライ 3セット×12-15回
  • ストレートレッグハンギングレッグレイズ 3セットx12-15回
  • クランチ(マシーンかケーブル) 3セット×12-15回
  • ケーブルウッドチョップ 3セット×15-20回


土曜日の筋トレメニュー:(ハムストリング・ふくらはぎ)

  • シングルレッグシーテッドハムストリングカール 4セット×10-12回
  • スティッフレッグラーイングレッグカール 4セット×10-12回
  • ウェイテッドウォーキングランジ 3セット×10回
  • シーテッドカーフレイズ 3セット×10回
  • スミスマシーンカーフレイズ 3セット×30回



ライアン・テリーの食事内容について



ライアン・テリーはその体を作るために「一日に5~6回」の食事を取っています。彼はフィジークの選手なので筋肉を見せるために体脂肪を出来るだけ減らす必要があります。その為、彼は食生活を厳格に管理しています。

では、以下にライアン・テリーの1日の食事プランを紹介していきます。


食事1(パンケーキ):


パンカーキの材料:
  • オーツ(150g)
  • ブルーベリー(40g)
  • アーモンドフレーク(15g)
  • 卵のエッグホワイト(10個)
  • フラックスシードパウダー(1 x 小さじ)
  • ココナッツオイル(1 x 小さじ)


食事2:

  • 七面鳥(200g)
  • サツマイモ、又はジャガイモ(300g)
  • ほうれん草や他の緑色野菜(100g)

食事3:

  • マグロステーキ(1枚)
  • 玄米(75g)
  • ブロッコリー・アスパラ(110g)
  • アボカド(半分)

食事4:

  • 鶏肉(胸)170g
  • ジャガイモ(300g)
  • ほうれん草や他の緑色野菜(100g)


食事5:

  • 牛肉ステーキ(250g)
  • サツマイモ(300g)
  • ブロッコリーかアスパラ(110g)

食事6:

  • サーモンフィレ(200g)
  • ミックスサラダ、又はアスパラ
  • アボカド(半分)



ライアン・テリーのSNS


ライアン・テリーはSNSで大活躍しています。彼はホームページでフィットネスプランを販売しています。

彼のフェイスブックページには25万人の「ライク」があります。インスタグラムには81万のフォロワーがいます。


ホームページ: https://www.ryanterry.co.uk/
フェイスブック: https://www.facebook.com/Ryan-Terry-112209628866656/
インスタグラム: https://www.instagram.com/ryanjterry/
ツイッター: https://twitter.com/ryanjterry
ユーチューブ: https://www.youtube.com/user/ryanjterry




管理人お勧めのフィットネスフードサービス

ボディメイクをしているトレーニーにとって欠かせない適切な栄養管理。この日々の栄養管理の強い見方になる高たんぱく質のマッスルミール(フィットネス弁当)を提供しているサービスが「Muscle Deli(マッスルデリ)」と言います。

マッスルデリは筋肥大に必要なタンパク質を豊富に含み、栄養士がバランスを考えたビタミンB群を多く含むローカロリー、高タンパク質なメニューになっているとても優れたフィットネスフードを提供してくれるサービスです。おそらく国内初のフィットネスミールのサービスです。

基本的には、一食で「50~60g程のタンパク質」が食事から摂取できる点はとても素晴らしいと思います。本格的にボディメイクを行っている方、筋肉をつけてバルクアップしたい方が手軽に栄養管理出来る今最もお勧め出来るミールサービスです。


マッスルデリ
マッスルデリ公式サイト



実は先日レビューで紹介させていただいたように私もマッスルデリを試してみましたので、気になる方は以下のページからレビューをご覧になって下さい。


マッスルデリ(Muscle Deli)を試した際の感想