マッスルセレブ

ザ・ロック(ドウエイン・ジョンソン)のプロフィールとトレーニングメニュー・食事内容を紹介

「ザ・ロック」(ドウエイン・ジョンソン)のプロフィールとトレーニングメニューを紹介

元プロレスラーで俳優の「ザ・ロック」(ドウエイン・ジョンソン)のトレーニングメニューと食事法を紹介



当サイトでも人気のコンテンツとなりました海外のマッスルセレブの紹介ですが、今回は元プロレスラーであり、ハリウッド俳優でもある、真のマッスルセレブである「ザ・ロック」の経歴と成功ストーリー、トレーニングメニューや彼の普段の食事内容を紹介したいと思います!

筋トレマニアの方に限らず、ザ・ロックをご存知の方は多いと思います。皆さんもご存知のように、彼は元々プロレスラーとして有名になりましたが、プロレスのキャリアが終わった後、ハリウッド映画の俳優としても大活躍していました。

ザ・ロックは2016年において世界で最も稼いでいるは有名人として知られています。それでは、ザ・ロックは一体どんな人生を送ってきた人物なのでしょうか? レスラー・マッスルセレブになったきっかけは?



こちらの記事もお勧めです:




ザ・ロックの経歴と成功ストーリー


ドウエイン・ダグラス・ジョンソン(Dwayne Douglas Johnson)は1972年5月2日にアメリカのカリフォルニア州で生まれました。

彼の父親とお爺さんもプロレスラーでした。父親は黒人のカナダ人で、母親はサモア系のアメリカ人です。


ドウエインはカリフォルニアで生まれましたが、若い頃はニュー・ジーランドとハワイに住んだ経験もあります。父親のキャリアの影響もあって、高校時代はペンシルベニア州で過ごしました。

ドウエインは若い頃からスポーツの才能がありました。高校の頃は、陸上部とレスリング部に入っていました。アメフトもとても上手だった事もあり、それでマイアミ大学に入る事が出来ました。

彼はフットボールスコラーシップ(アメフトの才能で奨学金)をもらい大学には無償で通ったようです。アメフトのキャリアは怪我のせいもあり、成功できませんでした。

しかし、1995年にレスラーである父親に「自分もプロレスラーになりたい」と彼は打ち明けました。それにより、彼の父親はドウェインのコーチになりました。

ドウェインは1996年にWWFレスリグと契約を結びました。「ザ・ロック」というニックネームはレスリング時代に付けられた名前です。



ザ・ロックの肉体

  • 身長:195.5cm
  • 体重:115.7 – 120.2kg
  • 腕:50.8cm
  • 胸:127cm
  • ウエスト:88.9cm
  • 腿:78.7cm




ザ・ロックのトレーニングメニュー





有酸素運動


ドウェインは一般的に朝の4時に起きて有酸素運動を行います。映画の撮影ためにトレーニングする場合、ホテルのジムでクロストレーナーを使っています。

自宅にいる場合は外に出てランニングを行うようにしているようです。


ウェイトトレーニング


映画の役によって違うトレーニングが必要ですが、一般的には「週6回」くらいジムでウエイトトレーニングを行います。場合によって、重いウェイトを使用しますが、時々自重のトレーニングも行うようです。

Day 1 (脚の日)

  • ランニング:30-50分
  • バーベルウォーキングランジ:4セット(25回)
  • レッグプレス:4セット(25回)
  • レッグエクステンション:3セット(20回)
  • バーベルスクワット:4セット(12回)
  • ハックスクワット:4セット(12回)
  • ルーマニアンデッドリフト:4セット(10回)
  • シーテッドレッグカール:3セット(20回)
  • サイアブダクター:4セット(12回)


Day 2 (背中の日)

  • ランニング(トレッドミル):30-50分
  • ワイドグリップラテラルプルダウン:4セット(12回)
  • ベントオーバーバーベルロー:4セット(12回)
  • ワンアームダンベルロー:4セット(12回)
  • バーベルデッドリフト:3セット(10回)
  • プルアップ:3セット(限界まで)
  • ダンベルシュラッグ:4セット(12回)
  • インバーテッドロー:3セット(限界まで)
  • ハイパーエクステンション:4セット(12回)


Day 3(肩の日)

  • ランニング(トレッドミル):30-50分
  • ダンベルショルダープレス:4セット(12回)
  • スタンディングミリタリープレス:4セット(12回)
  • フロントダンベルレイズ:4セット(12回)
  • サイドラテラルレイズ:4セット(12回)
  • リバースマシーンフライ:4セット(15回)
  • シーテッドベントオーバーリアデルトレイズ:4セット(12回)


Day 4 (腕と腹筋の日)

  • ランニング(トレッドミル):30-50分
  • ダンベルバイセプカール:4セット(15回)
  • ハンマーカール:4セット(15回)
  • スパイダーカール:4セット(限界まで)
  • トライセッププッシュダウン:4セット(15回)
  • オーバーヘッドトライセップ:3セット(15回)
  • ハンギングレッグレイズ:4セット(20回)
  • ロープクランチ:4セット(20回)
  • ロシアンツイスト:4セット(20回)


Day 5 (脚の日)

  • ※Day 1と同じメニュー


Day 6(胸の日)

  • ランニング(トレッドミル)30-50分
  • ベンチプレス:4セット(12回)
  • インクラインダンベルプレス:4セット(12回)
  • ダンベルベンチプレス:4セット(12回)
  • フラットベンチケーブルフライ:4セット(限界まで)
  • インクラインハマーカール:4セット(12回)
  • ディップ:4セット(限界まで)



ザ・ロックの食事内容


彼は1日に「5回」に分けて食事を取り、たんぱく質を多めの食事を心がけています。

食事1:

  • ステーキ
  • オートミール
  • 卵の白身(3個)
  • 全卵1個
  • スイカジュース

食事:2

  • 鶏肉
  • ピーマン
  • マッシュルーム
  • ブロッコリー
  • プロテインシェイク

食事:3

  • アスパラ
  • 卵2個
  • ライス
  • ブロッコリー

食事:4

  • ステーキ
  • 焼いた芋
  • アスパラ
  • オレンジジュース

食事:5

  • カぜインプロテイン
  • 卵の白身(10個分)







管理人お勧めのフィットネスフードサービス

ボディメイクをしているトレーニーにとって欠かせない適切な栄養管理。この日々の栄養管理の強い見方になる高たんぱく質のマッスルミール(フィットネス弁当)を提供しているサービスが「Muscle Deli(マッスルデリ)」と言います。

マッスルデリは筋肥大に必要なタンパク質を豊富に含み、栄養士がバランスを考えたビタミンB群を多く含むローカロリー、高タンパク質なメニューになっているとても優れたフィットネスフードを提供してくれるサービスです。おそらく国内初のフィットネスミールのサービスです。

基本的には、一食で「50~60g程のタンパク質」が食事から摂取できる点はとても素晴らしいと思います。本格的にボディメイクを行っている方、筋肉をつけてバルクアップしたい方が手軽に栄養管理出来る今最もお勧め出来るミールサービスです。


マッスルデリ
マッスルデリ公式サイト



実は先日レビューで紹介させていただいたように私もマッスルデリを試してみましたので、気になる方は以下のページからレビューをご覧になって下さい。


マッスルデリ(Muscle Deli)を試した際の感想