マッスルセレブ

ジェイソン・ステイサムのような筋肉を作る方法とトレーニング方法を紹介!

ジェイソン・ステイサムのような筋肉を作る方法とトレーニング方法

ジェイソン・ステイサムのようなタフガイの体を作る方法



皆さん、ジェイソン・ステイサムという人物をご存知ですか? ハリウッドのアクション映画好きな方はご存知の方も多いと思います。彼は今までに数多くのアクション映画に出演したイギリス人俳優です。

ジェイソン・ステイサムは、現在40代後半にも関わらず、素晴らしい肉体、タフなイメージでハリウッドで活躍しています。そして、美人で若いイギリス人のトップモデルと付き合っています。

これは、当サイトの目指すところでもあります、典型的な「イイメンズ」ですよね(笑)。

ジェイソン・ステイサムは1967年にイギリスの中部で生まれました。中学校の頃はサッカー部に入っていましたし、格闘技もやっていたそうです。

しかし、あまり知られていない経歴だと思いますが、実は彼の最も得意スポーツは「飛び込み」(英語:diving)という競技でした。

彼は12年間イギリス代表の飛び込みチームに入っていましたし、1990年のコモンウェルス・ゲームズにイングランド代表の飛び込み選手として参加していました。


ジェイソン・ステイサムの飛び込み競技選手時代の動画









彼の俳優としてのデビューは1998年にリリースされた「ロックストックアンドトゥースモーキングバレルズ」というコメディーっぽいギャングスター映画です。

それがきっかけとなり、ハリウッドの世界に目をつけられてアクション俳優としてのキャリアがスタートしました始まりました。



ジェイソン・ステイサムのトレーニングプログラム


2008年にジェイソン・ステイサムは「ローガン・フッド」という元海軍のパーソナルトレーナーを雇いました。

フッド氏が作ったプログラムでは、重量の重いウェイトトレーニングとサーキットトレーニングの組み合わせが「タフガイの体を作る」キーワードだとジェイソン・ステイサム向けのプログラムを作りました。


月曜日のトレーニングメニュー


月曜日は「ピラミッドトレーニング」をします。「ピラミッドトレーニング」では、それぞれの運動の回数を段々増やすトレーニング法です。彼は下記のリストのエクササイズを先ずは1回ずつ行います。

2セット目は2回ずつ。3セット目は3回ずつ。それが彼の行うピラミッドトレーニングです。彼は月曜日にそれぞれの運動を7回ずつ行います。


ウォームアップ:ローイングマシーン


ピラミッドトレーニング(7回ずつ):

  • 腕立て
  • プルアップ
  • ボディーウェイトスクワット
  • デッドリフト
  • ハンギングニーレイズ

クールダウン:ローイングマシーン



火曜日のトレーニングメニュー


火曜日にスタティックサーキットのトレーニングをします。それぞれの運動は4セット行います。またウォーミングアップとクールダウンではローイングマシーンを行います。

  • フラットベンチプレス
  • ショルダープレス
  • ダンベルチェストフライ
  • ダンベルトライセププレスダウン
  • バーディップ
  • ケトルベルのファーマーホルド
  • ボディーウェイトスクワット


火曜日の続き


彼はその後「Big5 55 Workout」というメニューを使います。このワークアウトでは5種類の運動を55回ずつ繰り返します。

一回目は10回繰り返す。2回目は9回繰り返します。3回目は8回繰り返します・・・など。全て終わったら、それぞれの運動を55回ずつを繰り返す事になりますね。

  • ウェイテッドフロントスクワット
  • プルアップ
  • ワイドグリッププルアップ
  • パワークリーン
  • ニートゥエルボー(鉄棒で膝を肘まで上げる事)

その後、30分トレッドミルでジョギングとダッシュを1分ずつ繰り返します。



水曜日のトレーニングメニュー


水曜日にはインターバルトレーニングをしています。これでは有酸素の運動でスタミナとスピードをレベルアップしています。

ウォームアップ: ローイングマシーン 2000メートル @ 15-20 SPM


ローイング: 500メートル
休む: 3分でゆっくり歩く事
※ローイングと休みを6回繰り返す

ボクシング: 有酸素ワークアウト
ワームアップ:シャドーボクシング、ランジ(足のワームアップ)
パンチ・キック(3分x5回)
重いパンチバッグのパンチング(2分x3回)One 3-minute session vs. speed bag

ケトルベルファーマーホルド:重い物を500ヤード持ち歩き(3回)



木曜日のトレーニングメニュー


木曜日には下半身ワークアウトと腕立てワークアウトをしています。

  • ワームアップ:ローイングマシーン2,000メートル
  • ボディーウェイトスクワット20回
  • ウェイテッドフロントスクワット(5回x5セット)
  • スティッフレグデッドリフト(1回x4セット@体重の 130%, 140%, 160%, 180%)
  • リバースクランチ
  • クールダウン: 腕立て(200回)



金曜日のトレーニングメニュー


金曜日のトレーニングはその一週間でやったトレーニングの組み合わせです。

ワームアップ: ロープクライム(5回)、ベアクロール(20ヤードx5)、クラブワーク(20ヤードx5)


  • フロントスクワット(5回、体重の120%)
  • メディシンボールスラム(5回)
  • ローププル(5回)
  • フラットベンチプレス(10回)
  • メディシンボールスラム(10回)
  • プルアップ(15回)
  • メディシンボールスラム(10回)
  • バーディップ(15回)
  • メディシンボールスラム(15回)
  • ローププル(20回)
  • メディシンボールスラム(20回)



ジェイソン・ステイサムの食生活


ジェイソン・ステイサムの筋肉を作り上げた食生活、栄養管理は非常に厳格に管理されています。

彼のタフガイの体を作るために食生活はとても重要な点です。ジェイソン・ステイサムは食事から糖分を完全にカットしようとしています。

そして、彼にとって睡眠をしっかりとり、ストレスを減らす事も体にとても大切な事だと言っています。

ジェイソン・ステイサムは元々スポーツ選手(飛び込み)なので体のコアはとても強いです。彼は今でも飛び込みのトレーニングテクニックを使っています。

この記事の参照情報:「Jason Statham Workout: How To Train Like A Tough Guy