レビュー

アディダス スクワットシューズ『パワーリフト(ADIDAS POWERLIFT)』のサイズ感や履き心地を徹底レビュー!

アディダスのスクワットシューズ パワーリフト(ADIDAS POWERLIFT)のサイズ感や履き心地は?スクワットへの効果は?重量は伸びた?



当サイトでも以前の記事で「スクワットで脚を本格的に鍛えたい人がリフティングシューズを履くべき理由」という内容を紹介した事がありますが、やはりスクワットで最大限の効果を発揮させる為に最も簡単な方法は「シューズをスクワット専用のシューズに変える」という事です。

そうする事によって足首が硬い人でも深くしゃがむ事が出来て、正しいフォームでフルスクワットをする事が出来るようになります。

よくジムなどで「踵にプレートを引いてスクワットをする」という人を見かけますが、軽い重量のうちは問題ないと思いますが、高重量のバーベルスクワットになってくると「バランスを崩す危険性がある」、「好スクワットのフォームが不安定になる」という事になりますので、踵が高くなっているスクワットシューズでスクワットをやるようにした方がいいでしょう。


そして、先日私も海外のトレーニーやウエイトリフターには非常に人気のあるアディダス スクワットシューズ『ADIDAS POWERLIFT(アディダス パワーリフト)』ようやく手に入れることができました!

以前にこのサイトでも紹介したように、アディダスやナイキのスクワットシューズは、パワーリフティング競技者のみならず、海外のトレーニーに非常に人気があり、ネットでも中々手に入りずらくなってきています。

在庫があっても25cmとか、30cm以上といったような一般的には売れ残るサイズばかりです。しかし、私はアメリカのネット通販で何とか在庫があるうちに手に入れる事ができました!

そこで今回は『アディダスパワーリフト』のサイズ感や履き心地を徹底レビューしてみたいと思います。また、購入してから、実際に1年間使ってみた際の感想とスクワットシューズの効果や使用重量の変化についても紹介したいと思います。



アディダス パワーリフトを海外のサイトから購入


まずは、こんな感じでアメリカのスニーカーショップから送られてきました。アディダス パワーリフトには、レザーの素材が使われていませんので、税金は取られませんでした。




アメリカのネットショップで買うとにかく送料が非常に高くなるので、商品自体が安くても合計は高くなる事が一般的です。物によっては日本で買った方が安い場合がありますので、その辺りは値段の見極めが必要ですね。

私の場合がセールだった事もあって、合計金額を考えても日本で買うよりは安かったです。ダンボールを空けるとこのような感じです。












本格的にスクワットをやっている人には定番のアディダスパワーリフト(ADIDAS POWERLIFT)


このスクワットシューズを履いている海外のマッスルセレブやトレーニーは本当に多いです。特にアディダスやナイキのスクワットシューズはファッション性も高いので、とにかく人気の商品です。


このサイトでも紹介した「マイク・ラシード(Mike Rashid)」も履いていますし、他にも多くの人気フィットネスモデル、マッスルセレブが履いてスクワットのトレーニングしています。





海外では女性でもバーベルスクワットをするトレーニーが多いので、男性のみならず女性にも人気のシューズです。カラーリングも女性が好むような色もいくつか出ています。

私の場合は無難な色で黒ベースのものを選びました。本当は黒ベースでアディダスの三本ラインが白のモデルが欲しかったのですが、残念ながら売り切れでした。







このアディダス パワーリフトは日本のショップでも買う事が出来ますが、とにかく割高です。おそらくですが、通常価格の2倍近い値段を出さないと買う事ができないと思います。

また、こういったスクワットシューズは特殊なスポーツ向けの靴なので、残念ながら一般の靴屋や大手のスポーツショップにいっても取り扱いがありません。ですから、実際に実物をみて購入する事は殆ど出来ません。

ですから、今回は私がしっかりと様々なアングルからこのスクワットシューズのディテールの写真を撮りましたので、沢山載せていきたいと思います。

価格は日本で買うと大体「14000円~20000円」くらいの間で販売されているようです。アマゾンでの価格でもそのような感じですね。時々、ビックリするような値段で販売されているような時期もありましたが、現在では、15000円前後といった感じになっているようです。









アディダスパワーリフト(ADIDAS POWERLIFT)の外装と素材感など


スクワットシューズのアッパーは一般的にすべて人口素材(合皮とナイロン)です。そして、とにかく丈夫です。多少ぶつけても、仮にバーベルプレートが落ちてきても、切れたり穴が空くような事はなさそうです。

細部をみても縫製やのり付けが、とてもしっかりしています。さすがウエイトリフティング用に作られた専門のシューズといった出来です。値段以上のつくりですね。高重量を担いでも形が崩れずしっかり耐えられそうな感じです。






※私は現在、週に2回ほどスクワットを行っていますが、一年経った今も全くビクともしません。ソールもしっかりしており、予想通りの硬めで安定感は抜群です。




アディダスパワーリフトのサイズ感について


私は普段、アディダスのスニーカーは「26cm」を履いていますが、パワーリフトでも26cmで丁度でした。ですから、サイズ感的には普段のスニーカーのサイズでよいと思います。

個人的に思うのはアディダスの靴はナイキよりも若干、サイズがハーフサイズくらい大きめのモデルが多いような気がしています。





しかし、パワーリフトのサイズ感に関しては普段のスニーカーサイズでジャストだと思います。スクワット(デットリフトでも)で使うことをメインに考えている方は、必ずジャストサイズで着用しましょう。

少しでもサイズが合わないと運動中に靴の中でズレてしまう事もあるので、サイズだけは妥協しないようにしましょう。ウエイトリフティング用のシューズを選ぶ際には必ずジャストフィットを選ぶべきです。



スクワットシューズには、紐以外にもマジックテープもついていますので、ホールド感がとても強いです。これによってフルスクワットの際の切り替えし時、高重量を担いだ際の立ち上がり時にしっかりと踏ん張れます。とにかく、スクワット時の安定感は抜群になります。




また、何といっても踵の素材が硬くフラットになっているので、スクワットの動作中でもブレることなく深くしゃがめます。

一応、ソールにはスポンジ層のような部分がありますが、これも硬すぎず、柔らかすぎずといった丁度良い硬さです。カチカチ過ぎると脚を痛める可能性がある事を配慮したつくりですね。




今まで普通のスニーカーでスクワットをやっていた人がこのスクワットシューズを履けば、びっくりするくらいの安定感の違いを感じる事が出来ると思います。そのくらいスクワットシューズの安定感は高いと思います。






1年間使ってみた際の感想とスクワットシューズの効果や使用重量の変化


現在、アディダスパワーリフトを履いてトレーニングするようになって1年間が経ちましたが、全くほころびも無く型崩れも一切していません。ソールの状態もぴんぴんしていて、フラットの状態を保っています。

このペースだと数年先までまだまだ使えそうな感じです。アディダスパワーリフトを履いた事によって、スクワットのフォームも断然よくなり、足首が硬い私でもかなり深くまでしゃがむ事が出来ています。

そのお陰もあって、使用重量が徐々に伸びています。フルスクワットが上手に出来るようになった事もあり、太ももの付け根辺りから、しっかりとしたカットとボリュームが出てきました。やはり、スクワットはフルスクワットが最も効果的です。

私の体感的には、このスクワットシューズに慣れてくると、確実に使用重量は伸びてくると思います。スクワットシューズは踵が高くなっているので、慣れない内はフォームが決まらないと思います。

しかし、何回か履いてこの靴の特性に慣れてしっかりとしたフォームが身に付けば、四頭筋のサイズアップ効果にかなり期待が出来ます。個人的には脚のトレーニングには必須のアイテムだと思っています。








管理人お勧めのフィットネスフードサービス

ボディメイクをしているトレーニーにとって欠かせない適切な栄養管理。この日々の栄養管理の強い見方になる高たんぱく質のマッスルミール(フィットネス弁当)を提供しているサービスが「Muscle Deli(マッスルデリ)」と言います。

マッスルデリは筋肥大に必要なタンパク質を豊富に含み、栄養士がバランスを考えたビタミンB群を多く含むローカロリー、高タンパク質なメニューになっているとても優れたフィットネスフードを提供してくれるサービスです。おそらく国内初のフィットネスミールのサービスです。

基本的には、一食で「50~60g程のタンパク質」が食事から摂取できる点はとても素晴らしいと思います。本格的にボディメイクを行っている方、筋肉をつけてバルクアップしたい方が手軽に栄養管理出来る今最もお勧め出来るミールサービスです。


マッスルデリ
マッスルデリ公式サイト



実は先日レビューで紹介させていただいたように私もマッスルデリを試してみましたので、気になる方は以下のページからレビューをご覧になって下さい。


マッスルデリ(Muscle Deli)を試した際の感想