ブランド

ローグフィットネス(Rogue Fitness)の歴史と買い方を紹介

ローグフィットネス(Rogue Fitness)の歴史とローグフィットネスのアパレルを紹介

アメリカの人気フィットネスブランド:ローグフィットネスの歴史



今回の記事では、ローグフィットネス(Rogue Fitness)というアメリカでは、非常に有名なアパレル・トレーニンググッツやクロスフィットグッズの会社の歴史を紹介したいと思います。

このローグフィットネス(Rogue Fitness)は、海外でとても有名で人気があるブランドなので、販売しているトレーニンググッツやウェアの種類も非常に多いので、トレーニーであれば是非チェックしておくべきブランドだと思います。

ローグフィットネスのサイトを見てみると、ウエイトトレーニングのグッツやフィットネスグッツ以外にも、ホーム用のグッツや店舗用のテーブル等も作っているんですね。







ローグフィットネス(Rogue Fitness)の歴史


ローグフィットネスは2007年にアメリカのオハイオ州に設立されました。ビル・ヘニガーというアメリカ人がこの会社の設立者です。

ビル・ヘニガーはローグフィットネスを設立する前に、自分のクロスフィットジムの為に専用の設備とグッズを購入しようとしていましたが、欲しい物を見つける事は中々出来ませんでした。

その経験から、自分でジム設備を販売する会社を作ろうと決めたようです。ローグフィットネスは、設立当初他の会社のグッズを販売していましたが、最終的には自分でジム設備やグッツを生産するようになり、オリジナル商品を販売するようになりました。


現在、ローグフィットネスは16,300 m2の広さを誇る工場で、一流のジム設備とアパレルを生産しています。そして、世界一のクロスフィットジムを供給する会社です。


ローグフィットネス(Rogue Fitness)の歴史ローグフィットネス(Rogue Fitness)の歴史


2014年にRogue Fitness Europeというヨーロッパの子会社がフィンランドで設立されました。ヨーロッパの会社はフィンランド人のワールドクロスフィットチャンピオンのミッコ・サロ氏によって設立されました。

Rogue Fitnessはワールドクロスフィットゲームズという世界大会の為にジム設備を供給しています。そして、多くのクロスフィットアスリートをスポンサーしています。

現在スポンサーしているアスリートは以下の選手です:


  • Rich Froning Jr.
  • Ben Smith
  • Camille Leblanc-Bazinet
  • Mat Fraser
  • Katrín Davíðsdóttir
  • Jason Khalipa




ローグフィットネスのアパレル


ローグフィットネスは元々ジム設備の会社でしたが、現在ではフィットネスアパレルも作っています。メンズは勿論、レディースのフィットネスアパレルも販売しています。

ローグはアメリカの会社なので、サイズは種類は豊富です。例えば、メンズTシャツは小さなサイズはXSから大きなサイズは4XLまで用意されています。

ですから、体が大きくなってもローグフィットネスであれば、カッコいいアパレルを買う事が出来ますね。 メンズTシャツの価格帯は$25くらい販売されていますので、ナイキなどのメーカーよりは若干は安いのではないかと思います

ローグフィットネスでは、コンプレッションウェアやパワーリフティングの用のグッツ、トレーニングの際に関節をサポートする為のエルボースリーブや、ニースリーブも販売していますので、カジュアルなアパレルだけではなく、実際に使える機能的なグッツも販売しています。生地や縫製もしっかりしています。



ローグフィットネスのグッズ・アパレルを購入する方法


ローグフィットネスのアパレルは日本で販売されていません。個人輸入業者の仕入れ以外では中々目にすることもないと思います。(アマゾンで多少色々販売されていますが、とても高いです。)

ですから、ローグフィットネスが買いたいなら、アメリカのネットショップから直接購入した方が圧倒的に安いと思います。

しかし、国際送料と税金はとても高いので、「転送会社」を使ってアメリカ国内に先に送ってもらって、その後に改めて日本に転送してもらうという方法が最もコストパフォーマンスが良いです。

ローグフィットネスは多くのアパレルが国内送料無料(それとも安い金額)なので、アメリカにある転送会社に登録して、そこでアメリカの住所をもらいローグフィットネスのネットショップで買い物してそこの住所に送ってもらうという方法とすると安く購入できます。

例えば、$25のTシャツを直接に日本に送ってもらうと、送料、税金、手数料を付けると$82くらいになってしまいます。しかし、転送会社を利用しアメリカ国内の住所におくれば、金額は$29だけで済みます。

私がお勧めする転送会社は、opas(オパス)という転送サービスの会社です。この会社は日本人が経営しているので、サポートも日本語が使えます。そして、税金が無料のオレゴン州の住所をもらえます!

ローグフィットネスのサイトで買い物をする前に、先にOpasのサイトで無料でアカウントを作っておき、そこでアメリカの住所をもらいます。その後、ローグフィットネスで好きな買い物を楽しみましょう^^ 後は料金を支払って日本に送ってもらうだけです。


転送サービスの会社についてはこちらのサイト:「海外転送サービスの歩き方」というサイトで、アメリカから個人輸入する方法が詳しく、そして丁寧に解説されていますので、アメリカで転送サービスを利用してネットショッピングを楽しみたいという方は参考になさって下さい。



管理人お勧めのフィットネスフードサービス

ボディメイクをしているトレーニーにとって欠かせない適切な栄養管理。この日々の栄養管理の強い見方になる高たんぱく質のマッスルミール(フィットネス弁当)を提供しているサービスが「Muscle Deli(マッスルデリ)」と言います。

マッスルデリは筋肥大に必要なタンパク質を豊富に含み、栄養士がバランスを考えたビタミンB群を多く含むローカロリー、高タンパク質なメニューになっているとても優れたフィットネスフードを提供してくれるサービスです。おそらく国内初のフィットネスミールのサービスです。

基本的には、一食で「50~60g程のタンパク質」が食事から摂取できる点はとても素晴らしいと思います。本格的にボディメイクを行っている方、筋肉をつけてバルクアップしたい方が手軽に栄養管理出来る今最もお勧め出来るミールサービスです。


マッスルデリ
マッスルデリ公式サイト



実は先日レビューで紹介させていただいたように私もマッスルデリを試してみましたので、気になる方は以下のページからレビューをご覧になって下さい。


マッスルデリ(Muscle Deli)を試した際の感想