マッスルセレブ

ユリシスジュニアのトレーニングメニュー、食事、ライフストーリー

ユリシスジュニアのトレーニングメニュー、食事、ライフストーリーについて

ユリシスジュニア(Ulisses Williams Jr)がボディビルダーとして成功するまでのライフストーリー


マサシ
マサシ
皆さんこんにちは。Masashiです。今回の記事では、海外の筋トレユーチューバーとして有名なアメリカ人のフィットネスモデル「ユリシスジュニア」というボディビルダーのプロフィールと彼のトレーニングメニュー、食事内容を分析して紹介したいと思います。


ユリシスジュニアと言えば、アメリカ人でありながら、拠点はイギリスのロンドンという事もあり、一時期、あのマッスルセレブで有名な「シメオンパンダ」とトレーニングコラボしていた時期がありました。

しかし、現在ではシメオンパンダはロサンゼルスに拠点を移していますので、最近彼らがコラボする事はないようですが、アメリカの大きなフィットネスエキスポ等が開催される際には、ユリシスジュニアもアメリカに一時帰国してフィットネスイベントに参加する事もあるようですね。





ユリシスジュニアがボディビルダーになるまでのストーリー


ユリシスジュニアのトレーニングメニュー、食事、ライフストーリー

ユリシスジュニアの本名はUlisses Williams Jr.です。ユリシスは1976年にアメリカのニューヨーク州で生まれました。

高校の頃、ユリシスはアメフトと陸上のチームに入っていましたが、当時の彼は体が小さかった為に、チームにとってあまりインパクトのある選手ではなかったようです。

ユリシスは体が小さい事を悩んでいた為に、ジムでウエイトトレーニングを始める事にしました。ジムでのワークアウトのおかげもあり、ユリシスはスポーツがもっと上手になっていきました。

そして、その体験からユリシスはジムでのトレーニングの魅力にはまるようになっていきます。19歳になったユリシスはチームスポーツよりも、ボディービルディングで成功できるという事に気がつきました。

彼は本格的にボディビル向けのトレーニングを始め、すぐに筋肉をつけて大きくなりましたが、ある時期に入り、その成長は停滞していきました。

当時はトレーニングだけではなく、食生活と栄養管理も大事だと気が付くようになりました。彼は栄養管理を本格的に見直し、さらに大きな筋肉をつける事に成功しました。




20代の前半になり、ユリシスは初めてボディビルのコンテストに参加しました。ユリシスは初めての大会では、残念ながら優勝する事は出来ませんでした。

しかし、彼はその大会でボディビルダーとして確かな自信を得る事が出来ました。彼は大会に出場する事によって他のボディービルダーと互角に勝負できるという自信が沸いてきました。

その当時、ユリシスはフィットネスモデルの活動も始めました。ウリシスは2003年になり、プロボディビルカードを取得しました。そして、次の8つの大会を見事優勝しています。

彼は色々なフィットネス雑誌のカバーに出て、世界でとても有名なボディービルダーになりました。今現在、ユリシスジュニアはフィットネス世界のアイコン選手になりました。






ユリシスジュニアの体はナチュラル? ステロイドを使っているのか?


ユリシスジュニアのトレーニングメニュー、食事、ライフストーリーについて

ユリシスジュニアは自分の体は「ナチュラル」と主張していますが、多くの人達は「ユリシスはステロイドを使っている」と疑っているそうです。

何故なら、ユリシスジュニアの筋肉と脂肪の比率は「ステロイドを使っていないボディービルダーに中々ない比率」という事が最大の理由のです。そして、女性化乳房(女性のように胸が大きくなる現象)が少しあると気がついた人もいるそうです。

しかし、ユリシス自身は自分はステロイドを使っていないと主張していますし、コンテストのドラッグテストに引っかかった事はないと言っています。

そのため、彼は本当にナチュラルなのか? それともステロイドを使っているのかを確認する事は出来ないようです。



ユリシスジュニアの最近の活動




2013年にユリシスはコンテストや大会を辞め、フィットネスコーチとして活躍し始めました。そして、イギリス人の彼女とロンドンで暮らすようになりました。

フィットネスコーチの時代、彼は多くのセレブのパーソナルトレーニングをサポートしています。しかし、ユリシスが2016年になり、ボディビルの大会に出場したくなり、再度マッスルマニアのクラシックフィジーク大会に参加しています。

また、現在ではユーチューバーとしても、自身のフィットネスブランドのプロモーション共に積極的にフィットネス業界で活動しています。




ユリシスジュニアの身長と体重



  • 身長:177.5㎝
  • 体重:88.5 – 93.0kg
  • 腕:50.8㎝
  • 胸:119㎝
  • ウエスト:81.3㎝






ユリシスジュニアのボディビルコンテスト歴


  • 2000 Platinum Classic NYC Novice (1st, Middleweight & Overall Winner)
  • 2001 MET Championships NYC Novice (1st, Middleweight & Open Middleweight)
  • 2002 Musclemania Fitness Atlantic Championships Connecticut (1st, Welterweight)
  • 2003 Musclemania Fitness Atlantic Championships Connecticut (1st, Middleweight)
  • 2003 Musclemania Superbody Championships Miami (1st, Middleweight & Overall Winner – Pro Card)
  • 2004 Musclemania Superbody Championships Miami Pro (1st, Pro Division)
  • 2005 Musclemania World Championships Las Vegas Pro (3rd, Pro Division)
  • 2010 Musclemania World Championships Las Vegas Pro (1st, Pro Division)
  • 2011 Musclemania World Championships Las Vegas Pro (2st, Pro Division)
  • 2013 Musclemania World Championships Las Vegas Pro (1st, Pro Division)




ユリシスジュニアのトレーニングメニュー




ユリシスはトレーニングメニューをよく変える事を好むようです。彼の意見では、トレーニングメニューをある一定の期間内に定期的に変えると筋肉に「異なるショックを与える事が出来る」という考えがあるそうです。

そういった毎回違った刺激を筋肉に与える事によって筋肉は成長していきます。これは多くのボディビルダー達も実践しているトレーニング理論です。

彼のワークアウトは「ハイレップでコンパウンドエクササイズ」に重点をおいているスタイルです。セット数は「12~15レップ」を狙ってトレーニングしています。

そして、スタミナのレベルをアップさせる為に「スーパーセット」や「ドロップセット」もワークアウトに加えています。

また、ユリシスはオーバーワークを避けるために一回のワークアウトでは、一つだけの筋肉グループを鍛えているそうです。

例えば、胸だけの日、腕だけの日、脚だけの日といったようにトレーニングのスケジュールを組んでいるそうです。そうする事によって、筋肉の疲れと怪我を防ぎながら、筋肉成長にとって効率的な刺激を与える事が出来るそうです。

こんばバキバキの体をしているユリシスですが、何と有酸素運動はあまりしていないようです。しかし、その昔「HIIT」のワークアウトを定期的に行っていたようです。

そして、有酸素運動の代わりにとても「クリーン」な食生活を心がけているそうです。無駄な増量はせずにクリーナ食生活でバルクアップを行っているそうです。


ユリシスジュニアのトレーニングスケジュール


彼の一週間のトレーニングは以下のようなトレーニングスケジュールで組まれています。

  • Day1 – 足
  • Day2 – 背中
  • Day 3 – 胸
  • Day 4 – 肩
  • Day 5 – 腕
  • Day 6 – 自由なトレーニング
  • Day 7 – 休日



ユリシスジュニアのフィットネスブランド


ユリシスジュニアのフィットネスアパレル・グッツのブランド
ユリシスの公式サイトで彼がデザインしたアパレルを購入する事が出来ます。彼はパーカー、Tシャツなどのスポーツウェアを売っています。そして、ベルトなどの筋トレグッズもあります。

イギリスのフィットネスエキスポやアメリカで行われるフィットネスイベントにもブースを出している事もあるようなので、そういった場所には彼も登場して自身のアパレルの販売も行っているそうです。





ユリシスジュニアの食事内容は?


ユリシスジュニア 食事

ユリシスは栄養摂取の際に「自然な食べ物が一番」と思い食事をしているそうです。つまり、人工的な食品や油ものは一切口にしません。

彼は必ず「オーガニックな肉と野菜」のみを食べるようにしています。彼は一週間のうちに好きな食事を一回取る「cheat meal」(好きな物を食べる食事)を許しています。

しかし、彼はピザなどのジャンクフードは選びません。その代わりに、彼はいつもの食事と同じようなものを食べますが、その際に好きな量を食べます。つまり、カロリーを気にしない食事の仕方です。

ユリシスは一般的に豚肉と牛肉を食べません。たんぱく質をとるために彼は鶏肉と白身魚を食べています。彼が好んで食べている炭水化物は主に「オーツと玄米」のようです。

そして、彼は1日に6回の食事をしています。例えば、ユリシスの1日の食事は以下のような感じです:




ユリシスジュニアの一日の食事メニュー


  • 食事1:40gのホエイアイソレートプロテイン、緑茶
  • 食事2:卵の白身(6個分)、オートミール、グレープフルーツ、BCAA
  • 食事3:40gのホエイアイソレートプロテイン
  • 食事4:鶏肉の胸、玄米
  • 食事5:ツナ、ホウレンソウ、バナナ、フラックスシードオイル
  • 食事6:ポストワークアウトシェイク(ホエイアイソレート、Lグルタミン、BCAA、マルチビタミン)
  • 食事7:白身魚、サツマイモ、ホウレンソウ
  • 食事8:カゼインプロテイン、フィッシュオイル、グルタミン



ユリシスジュニアのソーシャルメディア・SNS