サプリメント

MusclePharm(マッスルファーム)コンバット クランチバーを食べた際の感想と栄養素を分析

マッスルファーム コンバット クランチバーの特徴

マッスルファーム コンバット クランチバーのホワイトチョコレートラズベリー味を食べた際の感想と栄養分析を紹介



今回は、UFCの公式栄養サプリメントのスポンサーとしても有名なMusclePharm(マッスルファーム)が販売している「コンバット クランチバー」のホワイトチョコラズベリー味を食べた際のレビュー書いてみたいと思います。

海外からプロテインバーを個人輸入すると、最低でも8~12本入りのボックス買いをしなくてはいけないので、味を失敗すると最悪ですね(笑)。ですから、このレビューが購入前の参考になればと思います^^


このマッスルファーム コンバット クランチバーは日本のトレーニー達の間では、Quest Nutrition(クエストニュートリション)社の「QuestBar(クエストバー)」等と並んで人気があるようです。

海外の情報を色々と調べていると、どうやらこの「コンバット クランチバー」は「クエストバー」の競合商品として出されたプロテインバーのようですね。どうやら雰囲気や風味が似ていると思ったら・・。やはり、ライバル商品だったんですね^^;


MusclePharm(マッスルファーム)コンバット クランチバーを食べた際の感想をレビューマッスルファーム社のコンバット クランチバーを食べた際の感想をレビュー

他のプロテインバーのレビュー記事はこちらです:




マッスルファーム コンバット クランチバーの特徴



マッスルファーム コンバット クランチバーの特徴マッスルファーム コンバット クランチバーの特徴





コンバット クランチバーは、クエストバーと同じく「低炭水化物」で「高繊維」のプロテインバーという点がセールスポイントになっています。

また、独自のベーキングプロセスを使用して作られており、「柔らかい質感」を大切にしているようです。確かに食べた感じはキャラメルやソフトクッキーのような食感でした。

具体的には以下の点がセールスポイントになってプロモーションされているプロテインバーです。

  • タンパク質:20g配合
  • グルテンフリー
  • 天然風味(乾燥ラズベリー等)
  • 独自のベーキングプロセスを使用し軟らかく食べやすい食感
  • 低炭水化物
  • 高繊維




マッスルファーム コンバット クランチバーの栄養補助剤成分表示の分析



こちらの一本の栄養補助剤成分表示は以下のようになっています。


  • 一本辺りのグラム数:(85g)
  • 一本辺りのカロリー:210kcal
  • タンパク質:20g
  • 食物繊維:12g
  • 炭水化物:25g
  • 総脂質:7g
  • トランス脂肪:0g
  • コレステロール:17mg
  • ナトリウム:159mg
  • カリウム:101mg
  • 糖:5g
  • 砂糖アルコール:1g
  • 飽和脂肪:4g
  • 一不飽和脂肪:2g
  • 多価不飽和脂肪:1g




コンバット クランチバー ホワイトチョコレートラズベリー味の食感や香り等の感想



Quest Nutrition社のクエストバー(プロテインバー)のストロベリーチーズケーキ味を以前に食べた事があるのですが、この味と風味に非常にそっくりです。

しかし、味としてはこちらの方が格段に上です。その理由としては、チョコレートのコーディングにあると思います。




チョコのお陰もあって、カロリーも若干こちらの方が高めになってしまっていますが、その分、味付けの美味しさや風味はよいです。そして、乾燥ラズベリーと使用しているという事もあり、香りはとてもいいですね。

全体的にホワイトチョコレートとラズベリーチョコでコーティングされているので、味付けとしては甘い部類に入ると思います。





甘党の私には、まるでトレーニング後のご褒美のようなプロテインバーですが、甘い味が苦手な方にはちょっとお勧め出来ません。そういった方はクエストバーの方がよさそうです。

それでもカロリーが「210kcal」に抑えられていますので、たんぱく質の含有量を考えると国産のプロテインバーよりも圧倒的にコストパフォーマンスは良いと思います。


まず、パッケージを開けるとラズベリーとホワイトチョコの風味がフワッと漂ってきます。




ここは、さすが、本物の乾燥ラズベリーを使って生地に練りこんでいるというだけあって、個人的にはとてもフルーティーで良い香りだと思いました。

海外ではラズベリーの香りって食品や芳香剤としても一般的な香りなんですよね。しかし、日本ではそこまで一般的なフルーツではないので、慣れていない方には食品としては、キツイと感じる方もいるかもしれません。


プロテインバーをカットした断面をみてもらうとわかりますが、ホワイトチョコのコーディング部分には、丸いパブのようなスナックが練りこまれています。



そして、プロテインバー本体の生地には、ラズベリーを乾燥させたもの(皮!?)のようなものが練りこまれていますので、ラズベリーの風味が楽しめます。



味はまるでイチゴのチョコバーのような感じで美味しいと思いますが、一つだけ難点があります。

それはバー全体がホワイトチョコでコーティングされているので、夏場や暑い日に持ち歩いていると、すっかりチョコが溶けてしまうという点です・・。

チョコが溶けてしまった際の状態は悲惨です(笑)。ですから、冬はあれば問題なさそうですが、夏場の持ち歩き、ジムまでの携帯はお勧め出来ません(笑)。自宅でも夏は冷蔵庫に保管しておくとよさそうです。


ネットのレビューでは、 ガムやキャラメルのようにネチネチした感覚が好きになれないと言っている方もいますが、これには個人差があるようですね。

私の意見では、海外の高たんぱく質のプロテインバーは大体がこんな感じのキャラメルっぽい食感のものが多いです。


ですから、ネットのレビューをみていても「海外のプロテインバー特有の食感」に慣れていない方はそう感じる方も多いよう印象を受けました。

しかし、総合的にみて、プロテインが20gも配合されていて、尚且つ、グルテンフリーで1本210カロリーに抑えれている点はプロテインバーとしても優れていると思います。


ある程度、カロリーを取っても大丈夫いう方や増量期の方にはお勧めのプロテインバーと言えそうです^^


今回レビューしている紹介している「コンバット クランチバー」はこちらのサイトで購入出来ます。


>> iHerb.com公式サイト