マッスルセレブ

フィルヒースの成功ヒストリーとトレーニングメニューや食事法を紹介します!

フィル・ヒースの成功ヒストリーとトレーニングメニューや食事法を紹介します!

ミスター・オリンピアで6回も優勝したアメリカのボディービルダー フィルヒースの成功ヒストリーとトレーニングメニューや食事法を紹介します!



今回の記事では、またマッスルセレブのプロフィールを紹介したいと思います。海外のボディービルディングの世界に詳しい方であれば、彼の名前を知っている方も多いと思います。

これから紹介するボディービルダーは「ザ・ギフト」というニックネームでお馴染みの「フィルヒース」の成功ストーリーと彼のトレーニングメニューや食事法や食事内容について紹介してみたいと思います。


彼は世界で最も権威のあるボディービルディング大会である「ミスター・オリンピア」という大会で6回も優勝経験のあるアメリカ人ボディービルダーです。

それでは、フィルヒースのプロフィールや、彼がボディービルダーになるまでのストーリー、彼が普段行っているトレーニングメニューや、食生活、食事、栄養管理について紹介していきたいと思います。






フィルヒースの成功ヒストリー


フィルヒースは1979年12月18日にアメリカのシアトル市で生まれました。彼は子供の頃から運動神経が良かったようで、スポーツは特にバスケットボールが得意でした。

彼は高校のバスケットボールのチームに入っていて、18歳の時にバスケットボールの才能のおかげもあり、デンヴァー大学に入る為に奨学金をもらっています。

そして彼は大学でビジネスを専攻し、勉強しながら大学のバスケットボールのチームで活躍していたようです。彼がウエイトトレーニングを始めるきっかけになったのは、バスケットボールのトレーニングの延長としてウエイトトレーニングをやっていた事が影響したようです。

彼の大学のチームメートは体のベースを強くする為にジムでウエイトトレーニングに励んでいましたので、フィルヒースもそこで一緒にトレーニングをし始めました。

それから、フィルヒースはウエイトトレーニングに夢中になって、バスケットボールの世界で成功する事よりも、「ボディービルディングの世界で成功しそう!」と考えるようになりました。

そのためにバスケットボールを辞めて本格的にウエイトトレーニングにのめり込み第二のアスリート人生を掛けることになります。

2002年にフィルヒースはローカルのジムで働き始めました。彼は仕事をしながらウエイトトレーニングの知識を集めました。彼は多くのウエイトトレーニングの雑誌を読みあさって、栄養補給の知識についても勉強していきました。

フィルヒースは、2003年に初めてボディービルディングの大会に参加しました。この大会はコロラドのローカル大会でしたが、ここで1位を取る事が出来ました。

その後、2003年にもう一度同じ大会に参加しましたが、その時は、2位になりました。その経験から、彼は手ごたえを感じ「プロのボディービルダー選手になろう」と決心したようです。

2007年には、コロラドプロチャンピオンシップという大会で優勝しました。ニューヨークのプロチャンピオンシップでも優勝し、2011年に初めてミスター・オリンピアで優勝を果たしました。

次の6年間、フィルヒースはミスター・オリンピアで優勝し続けています。フィル・ヒースは現在、コロラド州に住んでいます。



フィルヒースの肉体


  • 身長: 175cm
  • 体重: 111.1 – 115.7kg
  • 腕: 58.42cm
  • 胸: 137.16cm
  • ウエスト: 73.66cm
  • 股: 81.28cm
  • カーフ: 50.8cm
  • ニックネーム: 「ザ・ギフト」



フィルヒースのトレーニングメニュー


リッチ・ピアーナのトレーニングメニューフィルヒースのトレーニングメニュー


フィルヒースのトレーニングメニューは「2011年から殆ど変わっていない」ようです。彼によると、「今のトレーニングメニューが効果的であれば、とくに変える必要はない」という考えがあるようです。

そして、彼には「ウエイトトレーニングをやり過ぎてはいけない」という考え方があるようです。それは、「怪我を防ぐためにトレーニングのやり過ぎは控えた方がいい」という考え方からきているようです。


月曜日のメニュー (ハムストリング、カーフ、四頭筋)

  • ラーイングレグカール 4セット 8-10回
  • スティフレッグデッドリフト 4セット 8-10回
  • シーテッドレッグカール 7セット 10-12回
  • スタンディングカーフレイズ 4セット 15-20回
  • レグプレスカーフレイズ 4セット 20回
  • シーテッドカーフレイズ 7セット 15回
  • レッグエクステンション 4セット 10-12回
  • フロントスクワット 4セット 10-12回
  • レッグプレス 3セット 12回
  • ハックスクワット 7セット 7回



火曜日のメニュー (胸とトライセップ)

  • ダンベルインクラインプレス 4セット10-12回
  • ダンベルインクラインフライ 4セット10-12回
  • ハンマーストレンスベンチプレス 3セット10-12回
  • ペックデック 7セット10-12回
  • プッシュダウンロープアタッチメント 3セット10-12回
  • ディップス 3セット10-12回
  • クロースグリップベンチプレス 3セット10-12回
  • ライイングトライセップエクステンション 7セット10-12回


水曜日 (休日)


トレーニングの休みの日



木曜日のメニュー(背中とバイセップ)

  • ワイドグリッププルアップ 3セット10-12回
  • パワーグリップチナップ 3セット10-12回
  • Tバーロー 4セット12回
  • ベントオーバーロー 4セット12回
  • ワンアームダンベルロー 3セット12回
  • ストレートアームプルダウンロープアタッチメント 7セット10-12回
  • スタンディングイージーバーカール 3セット12回
  • ハンマーカール 3セット12回
  • コンセントレーションカール 3セット12回
  • ハンマーストレングスプリーチャーカール 7セット8-10回



金曜日のメニュー (肩と僧帽筋)

  • スミスマシンミリタリープレス 4セット10-12回
  • ダンベルフロントレイズ 4セット10-12回
  • アプライトロー 4セット10-12回
  • ダンベルラテラルレイズ 7セット10-12回
  • ダンベルシュラッグ 4セット12回
  • バーベルシュラッグ 4セット12回



フィルヒースの食事法や食生活について


フィルヒースは他のボディービルダー同様に沢山のタンパク質を常に補給しています。一週間のうちに「約9kgの鶏胸肉」を食べているようです。そして、魚と赤身(主に牛肉)も食べています。

彼の好きな炭水化物は「サツマイモとオーツ」だそうです。そして白いご飯も大好きなようです。

彼のキッチンには食べ物の正確に計測出来る機械があるようで、必ず毎食食べる際に食事の量を測っているそうです。

また食事の際には積極的に野菜も食べているようですが、それ以外にも「ベジタブルパウダー」も摂取しているようです。

そして彼は「一日に8回」の食事をしています。そして、「一日に2回」プロテインパウダーも飲んでいます。


オフシーズンの食生活

  • 食事1: 鶏肉、卵白、ご飯(一杯)
  • 食事2: 牛肉のひき肉、ご飯(二杯)
  • 食事3: ビーフステーキ、パスタ(小麦の全粒粉パスタ)
  • トレーニングの時間
  • トレーニング前のサプリメント
  • トレーニング後のプロテインサプリメント
  • 食事4: ビーフステーキ、ジャガイモ
  • 食事5: 鶏肉、ほうれん草
  • 食事6: 牛肉のひき肉、ブロッコリー
  • 食事7: アーモンドバター、ホウェイプロテイン(アイソレート)


大会前の食事内容

  • 食事1: 卵白(2.5カップ)、オーツミール
  • 食事2: 鶏肉の胸、玄米(一杯)、蒸した野菜
  • 食事3: ビーフステーキ、サツマイモ
  • トレーニングの時間
  • トレーニング前のサプリメント
  • トレーニング後のプロテインサプリメント
  • 食事4: ビーフステーキ、サツマイモ
  • 食事6と7: 白い魚、ブロッコリー


フィル・ヒースのSNS



フィルヒースは「Gifted Athletics」というアパレル会社を設立しました。そして「Gifted Nutrition」というサプリメント会社も設立しています。



また、フィルはGeneration Ironというボディービルディング映画に出演しています。

created by Rinker
¥1,520
(2020/11/24 12:02:03時点 Amazon調べ-詳細)





管理人お勧めのフィットネスフードサービス

ボディメイクをしているトレーニーにとって欠かせない適切な栄養管理。この日々の栄養管理の強い見方になる高たんぱく質のマッスルミール(フィットネス弁当)を提供しているサービスが「Muscle Deli(マッスルデリ)」と言います。

マッスルデリは筋肥大に必要なタンパク質を豊富に含み、栄養士がバランスを考えたビタミンB群を多く含むローカロリー、高タンパク質なメニューになっているとても優れたフィットネスフードを提供してくれるサービスです。おそらく国内初のフィットネスミールのサービスです。

基本的には、一食で「50~60g程のタンパク質」が食事から摂取できる点はとても素晴らしいと思います。本格的にボディメイクを行っている方、筋肉をつけてバルクアップしたい方が手軽に栄養管理出来る今最もお勧め出来るミールサービスです。


マッスルデリ
マッスルデリ公式サイト



実は先日レビューで紹介させていただいたように私もマッスルデリを試してみましたので、気になる方は以下のページからレビューをご覧になって下さい。


マッスルデリ(Muscle Deli)を試した際の感想