ブランド

Sik Silk(シックシルク)とは? イギリスのストリート系アパレルブランド

イギリスのストリート系アパレルブランド Sik Silk(シックシルク)のブランドヒストリー



マサシ
マサシ
今回の記事では、多くの海外セレブも愛用しているイギリスのストリート系ブランド Sik Silk(シックシルク)のブランドヒストリー、ブランドコンセプト、サイズ感、生地の質感などを紹介してみたいと思います。


Sik Silk(シックシルク)というブランドは日本では、まだあまり知られていないブランドだと思いますが、海外の有名セレブが着用しているブランドという事もあり、日本でも一部のファッショニスタに注目されているブランドだと思います。

個人的には以前に紹介した「Gym King(ジムキング)」同様にフィット感や素材感が優れていてデザイン性も高く気に入っています。

私のようなある程度、体にカーブがあるトレーニーにも丁度よくフィットするラインの洋服なので、筋トレしている方にもお勧めのブランドです。そして、日本人が着用する場合のサイズ感等も合わせて紹介してみますので、購入前に参考になさって下さい。

Sik Silkは、日本国内では主に海外アパレルを扱うセレクトショップ等で販売されている為にあまり表には出てこないブランドの一つです。

そして、インターネットを見ていても、Sik Silkのブランドヒストリーが紹介されているページもないので、このアパレルの存在は知っていても、ブランドについて詳しくご存知の方は少ないと思います。

そんな事もあり、今回はSik Silk(シックシルク)のコンセプトや魅力を紹介してみたいと思います。






Sik Silk(シックシルク)とはどんなブランド?


Sik Silk(シックシルク)とは

Sik Silkというブランドは、イギリスのストリート系アパレルブランドです。この会社は三人のイギリス人によって設立されたブランドです。彼らのブランドのメッセージには「follow the movement」という言葉が綴られています。

設立者は、Barry Gill (バリー・ギル)、Sam Kay (サム・ケイ)、David Thomson (デイヴィッド・トムソン)の三人です。彼らはイギリスのヨークシャー州(北の方)のスカーバラという町の出身です。





彼らはかねてよりストリートアパレルを自分達で作りたかったという想いがあり、当初はカスタムキャップからブランドをスタートし始めました。

そのキャップのデザインには「Sik Silk」のロゴが付けられていました。そのキャップはイギリスでとても人気になりました。





バリーとサムとデイヴィッドはアメリカのストリート系アパレルに憧れていましたが、2012年くらいの頃にアメリカで流行っていたストリート系ベースボールシャツはイギリスでは販売されていませんでした。

そんな事から、彼らは自分達の手でアメリカで人気があったストリートテイスト溢れる「Sik Silk ベースボールシャツ」を作って販売し始めました。





Sik Silkがファッションブランドとして成功したきっかけ



そのベースボールシャツはアメリカでは、流行っていましたがイギリスではあまり売れませんでした。しかし、あるイギリスのスポーツ選手とセレブがSik Silkのベースボールシャツを取り上げました。

そして、Geordie Shoreというイギリスのリアリティー番組(日本のテラスハウスのような番組)に出演していたある男性が自分の経営しているセレクトシップにSilk Silkのシャツを仕入れました。

その事がきっかけになり、Sik Silkというブランドはイギリスでもとても有名になりました。2013年になってSilk Silkはさらに人気が出てきました。

それは世界的に有名な人気サッカー選手であるクリスチャーノロナウドが、Sik SilkのTシャツを愛用していたからです。これがきっかけとなり Sik Silkは世界中でも有名なブランドになりました。




Sik Silkのブランドコレクションビデオ











Sik Silkがスポンサーしているアスリートは?



多くのアパレルブランドは、アンバサダーというスポンサーモデルを起用しますが、Sik Silkの場合は、WBCベビー級世界チャンピオンのDEONTAY WILDERを正式にスポンサーしています。

また、ブラジル・セリエAのサンパウロ所属のDANI ALVESともコラボレーションしてDANI ALVESのオリジナルラインをリリースしています。







Sik Silkのサイズ感は素材感は?





Sik Silkのモデルをみると、Gym kingほどではありませんが、中々鍛えられているモデルが起用されています。イギリスのファッションブランドに起用されるモデル多くは、身長が180cmくらいの人が多いです。

こういったイギリス人モデルはTシャツでMサイズかLサイズを着ている事が多いので、日本人の体にフィットするサイズ感としては、普段着ているサイズを「ワンサイズ下げて」選ぶ事をお勧めします。

普段、日本のMサイズを着ている方は、Sik Silkでは「Sサイズ」が丁度良いいのではないかと思います。シャツ系は長袖のものはヨーロッパ人向けなので、やはり袖が長めです。

デニムに関しても、ウエイトで選んでも丈は若干長いと思いますので、デニムのモデルによっては、ワンサイズダウンすると丁度良さそうです。

とにかくシャツ系にしても、デニム、ショーツにしても体のラインがはっきり出るスタイリッシュなアーバン系ストリートウェアブランドなので、少しタイト目に着用する事が前提のブランドです。

素材に関しては丁度、ジョガーやデニム、Tシャツ共にGym kingと同等のクオリティーと考えて良いと思います。ストレッチが効いているアイテムが多く、筋肉質の男性にはぴったりのブランドです。

個人的にTシャツの素材感は特に気に入っています。生地も厚みがあり収縮性に富んでしっかりしており、洗濯を繰り返しても型崩れや色落ちは少なそうです。

Sik Silkの賞品で特に人気があるのは、やはり、シャツ系のアイテム、Tシャツ、デニムだと思います。デニムに関しても個性的なクラッシュデニムが多く、Tシャツも色使いがかなり斬新です。




Sik Silkは何処で買えるのか? 通販はある?




2013年にSik SilkはイギリスのFoot Asylumというスニーカーショップ兼アパレルショップと契約を結んで、全国のFoot Asylumのお店でSik Silkのグッズが販売されるようになりました。

Sik SilkはFoot Asylumのベストセラーになりました。それまで、Sik Silkのオーナーは自分たちの家でストックを管理していましたが、この成功によって正式な倉庫を借りてスタッフを雇いビジネスを大きくしました。

2016年にはアメリカのマーケットに参入しようと、ラスベガスに行きFootlockerというスポーツアパレル店と契約を結びました。その後、アメリカのセレブはSik Silkの洋服とキャップを着始めました。

現在、Sik Silkは世界でも有名なストリートブランドになりました。Sik Silkにはショッピングサイトがありますので、こちらで日本向けの通販は可能です。楽天やアマゾンにも並行輸入されて商品が販売されています。