マッスルセレブ

マイクオハーン(Mike O’Hearn)の経歴と彼が行うトレーニング法や食事内容を紹介

マイクオハーン(Mike O'Hearn)の経歴と彼が行うトレーニング法や食事内容を紹介

ボディービルダー・フィットネスモデルとして活躍するマイク・オハーン(Mike O’Hearn)の経歴やトレーニングメニューを紹介します



今日の記事では、マイク・オハーンというフィットネス界の重鎮的な存在であるマッスルセレブのプロフィール(経歴)を紹介していきたいと思います。

マイク・オハーンはもう既に30年間フィットネス業界で活躍していている言わばこの業界の重鎮的な人物です。彼はとても成功したフィットネスモデルでボディービルダーです。

彼は全体的にこのサイト「イイメンズ」のイメージするかっこいい男の一人ですね^^。





マイク・オハーンの経歴や成功ストーリー


マイク・オハーン(英:Mike O’Hearn)は、1969年1月26日にアメリカのワシントン州で生まれました。彼は10人家族の末っ子なので、幼少期は兄と姉にいじめられないように小さい頃からトレーニングに興味があったそうです。

彼の父親はアメフトの選手でボディービルダーでしたし、兄弟・姉妹もみんなウエイトトレーニングにはまっていましたから、マイク・オハーン自身もそんな環境に置かれていた事もあり、若い頃からトレーニングを始めました。

マイクは子供の頃に柔道も習っていました。そして、14歳の頃に初めてのボディビル大会に参加しています。


マイク・オハーンは、過去に4回ミスター・ユニヴァースで優勝しています。そして、カリフォルニアパワーリフティングの大会で4回チャンピオンになっています。

それ以外にも、ミスター・アメリカ、ミスター・インターナショナル、ミスター・ワールドの大会でも、各1回ずつ優勝しています。


マイク・オハーンは「bodybuilding.com」という有名なボディビルウェブサイトのトップモデルになっています。そして、今までに約500冊の雑誌でカバーモデルをした経験があります。

マイクはアメリカのGladiatorsというテレビ番組にも出演しています。彼はフィットネス業界において、「アーノルド・シュワルツェネッガー」と同じくらい有名なマッスルセレブです。




マイク・オハーンの肉体

  • 身長:190.5cm
  • 体重: 111.1 – 115.7kg
  • 腕: 53cm




マイク・オハーンのトレーニングニュー




マイクは元々パワーリフティングをやっていたので「Powerbuilding(パワービルディング)」というコンセプトを元に現在のワークアウトでもベビーなウェイトで「コンパウンド種目」をメインにトレーニングしています。

そしてトレーニングの際には、必ず「ビッグ・スリー」をトレーニングメニューに入れています。彼は30年の大ベテランなので、重いウェイトで数多くのセット数とレップ数でトレーニングを行います。




以上の事もあり、初心者のトレーニーは彼のトレーニングメニューを真似しない方が良いと思います!


彼は「500lb(226.7kg)」のベンチプレスを行ってトレーニングする事もあるそうです。これはトライセップを大きくするためのトレーニングだそうです。

また、彼は「700lb(317.5kg)」のウエイトを使ってデッドリフト行います。ウエイテッドチンニングをする際には、自分の体に「100lb~150lb(45キロ~68キロ)」の錘を付けて行うようです。




マイク・オハーンの食生活


マイクは一般的に1日に「6回の食事」を取ります。彼は出来るだけ各食事で「30gのたんぱく質」を摂取するように心がけているようです。


食事1

  • 焼いた鮭
  • 白いご飯1合
  • マルチビタミン
  • ファットバーナー
  • ビタミンC
  • ビタミンE


食事2

  • 焼いた鶏肉
  • オートミール
  • BCAA
  • マルチビタミン
  • ビタミンC

この食事の後にジムでワークアウトするようです。


食事3

  • ステーキ
  • ご飯1合
  • ブロッコリー
  • Lグルタミン
  • マルチビタミン
  • ビタミンC
  • BCAA


食事4

  • 鶏肉サラダ(ドレッシングなし、レモンを使う)


食事5

  • ステーキ
  • アスパラ
  • マルチビタミン


食事6

  • BCAA
  • Lグルタミン
  • HTP
  • カルシウム
  • マグネシウム
  • ジンク




マイク・オハーンが使っているサプリメント



マルチビタミン




BCAA




Lグルタミン





マイク・オハーンのSNS